- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 大型3社契約停止

女子テニスで世界ランク7位のM・シャラポワ(ロシア)は7日に記者会見を開き、全豪オープン期間中に受けた検査で禁止薬物の陽性反応が出たことを明らかにした。これに伴い、これまで契約を交わしていた大型スポンサー3社が、今後の契約を停止すると発表した。

スポーツ用品のメジャー企業であるナイキ、世界に誇るスイスの時計メーカーであるタグホイヤー、ドイツの高級車のメーカーであるポルシェの3社は、ロサンゼルスで開かれた会見の発表後に、5度のグランドスラム覇者であるシャラポワと距離を置く決断を下した。

「我々はマリア・シャラポワのニュースを受けて、悲しむと共に驚きを隠せずにいる。調査が行われている間は、マリアとの関係を停止する決断を下した。今後も状況を検証していこうと考えている。」とナイキ。

タグホイヤーに関しては、締結している契約の更新はしないとしている。2015年をもって契約は終了しており、今後はどのように関係を続けるかの話し合いをしている段階だった。

「現在の状況を見る限り、我々スイスの時計ブランドは交渉をとりやめることにした。そして、シャラポワとの契約の更新を見送る決断を下した。」とする声明をタグホイヤーは出している。

8日にポルシェは「シャラポワと予定していたイベントなどは延期する方法を選択する。」とした声明を発表しており、それは「更なる詳細が明らかになるまでで、その後我々で状況を分析する。」としている。

シャラポワは1月に行われた全豪オープン期間中の検査で、あまり知られていないメルドニウムという禁止薬物の陽性反応が出ていた。そのメルドニウムは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が今年から禁止薬物に新たに指定したものだった。

今回のケースは全て自身に責任があると元世界ランク1位のシャラポワは語り、国際テニス連盟(ITF)から長期に渡る出場停止処分が下される可能性があると語っていた。もしそうなると、今シーズンの活動はもちろん、リオ・オリンピックへロシア代表としての出場の可能性も絶たれることになる。

「今回の結果で、処分が下されるのは分かっている。」とシャラポワ。

「こんな形でテニス人生は終わりにしたくはない。また、このテニスというスポーツで試合に出場するチャンスを与えられたらと切に願っている。」と引退への気持ちはないことを明かした。

28歳のシャラポワは、血液循環作用があるメルドニウムを色々な健康面での問題のために10年ほと前から継続的に服用していたことも明かしている。

メルドニウムは酸素吸収を高め、効果を持続される作用があるために禁止薬物に今年から指定された。世界のスポーツ界でも何人かのアスリートが、今年に入ってからこのメルドニウムの陽性反応が出ている。

昨年の12月に、WADAからシャラポワをはじめ、全ての選手に新しい禁止薬物に関する変更事項は知らされていた。シャラポワは単にこの変更に関してリストが掲載されているページをクリックせず、見逃してしまっていたと明かしている。

「自分自身はプロとして責任とプロフェッショナリズムを多大に負っている。私は大きなミスを犯してしまった。ファンを失望させ、4歳から始めてずっと愛し続けてプレーしてきたテニスを失望させてしまった。」とシャラポワ。

シャラポワは同世代の女性アスリートでトップクラスの1人で、これまで35度のシングルス優勝を誇り、生涯獲得賞金は3,600万ドル(40億7,000万円)にのぼる。これほどの活躍をするシャラポワは、商業的な価値も簡単に見出されている。

また、世界で最も収入の高い女性アスリートだと考えられている。それはスポンサー契約や、自身が展開しているキャンディーのシュガポワなどオフコートでのビジネスを含めたもので、フォーブス誌が算出したところによると2015年のシャラポワの年収は2,950ドル(約33億3,000万円)にものぼる。

「彼女(シャラポワ)は、1人だけで十分な価値があるマーケティング・マシン。」と語るのはイギリスに基盤を置いているスポンサーシップ・コンサルタントであるN・クリエ。

「世界では沢山の男性スター・アスリートがいるが、女性ではあまりみられない。」

クリエは同時に、シャラポワが自身の回りには大がかりなサポートチームのネットワークが存在しているにも関わらず、今回のような事態が発生したことを「全く信じられない。」とも語っていた。そして、これほど早くスポンサーが決断を下したことに対しても「驚き」だとしている。

「彼等(スポンサー各社)は自身のイメージに対して、そしてイメージを害することへの多少なりともリスクがあることへ偏執的になりすぎている。」と自身の見解を加えていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・妖精シャラポワが美人1位
・シャラポワ 錦織をリスペクト
・シャラポワ 禁止薬物に気付かず
(2016年3月9日7時34分)

その他のニュース

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!