- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

土居美咲、善戦も準優勝

女子テニスツアーの台湾オープン(台湾/高雄、ハード)は14日、シングルス決勝が行われ、第2シードの土居美咲は第1シードで元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、自身2度目のツアー優勝とはならなかった。

決勝戦、序盤で元女王のヴィーナスに押されゲームカウント0−3とするも、ここから土居は猛攻を見せ4ゲーム連取に成功する。しかし、以降は3ゲーム連取され、第1セットを落とす。

第2セットは第1ゲームでブレークしたが、第2ゲームですぐさまブレークバックを許す。その後は挽回の糸口を見つけられずストレートで敗れ、準優勝に甘んじた。

A・ケルバー(ドイツ)の初優勝で幕を閉じた1月の全豪オープン。土居は1回戦でケルバーからマッチポイントを握りながらも決められず、逆転を許して敗れた。その悔しさをバネに、今大会では昨年10月のBGL・BNPパリバ・ルクセンブルグ・オープン以来となる2度目のタイトル獲得を狙ったが、あと一歩及ばなかった。

今大会に日本勢から大坂なおみ奈良くるみら6名の選手が出場していた。

また、同日行われるダブルス決勝では加藤未唯/ 穂積絵莉組がツアー初優勝を狙う。

一方、土居を破り優勝したヴィーナスは、今シーズン開幕戦のASBクラシックで初戦敗退。その後の全豪オープンでも1回戦でJ・コンタ(英国)に敗れ、初戦で姿を消していた。

現在女子テニスで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)の姉であるヴィーナスは、今回の優勝でキャリア通算49勝目となった。






■関連ニュース■ 

・土居美咲がツアー初優勝
・土居美咲 元世界1位破る金星
・土居美咲 大健闘も惜敗
(2016年2月14日16時40分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!