- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス 豪代表から外れる

9月18日から20日に行われる男子国別対抗戦デビスカップの準決勝でイギリスと対戦するオーストラリアは、世間を騒がせているN・キリオス(オーストラリア)をメンバーから外しB・トミック(オーストラリア)をチームに呼び戻すと、監督であるW・マスーが明らかにした。

22歳のトミックは、ウィンブルドン期間中に試合後の記者会見の席でオーストラリア・テニス協会や協会役員であるP・ラフター(オーストラリア)について批難する発言をしていたために、カザフスタンと戦ったデビスカップの準々決勝のメンバーから外されていた。

7月にオーストラリアはダーウィンで行われた準々決勝で、カザフスタンを3勝2敗で下していた最中に、トミックは滞在していたアメリカのフロリダ州マイアミ・ビーチのホテルで、大きな音で音楽をかけていたために他の宿泊客から苦情が起き警察を呼ばれる騒ぎを起こし拘束される事件を起こしていた。

キリオスはウィンブルドンでの試合中に、暴言を吐いたりラケットを叩き割ったりした行為に対して、男子プロテニス協会から1万ドル(約120万円)の罰金が課され、彼の試合中の態度が激しく批判されていた。

キリオスは更なる罰金を課される事態になった。それは先月カナダはモントリオールで行われたマスターズ大会でS・ワウリンカ(スイス)と対戦した時に、ワウリンカに対して下世話な発言をしたとして、1万2500ドル(約150万円)の罰金が課された。その発言はコートサイドのマイクが拾っており、同胞のT・コキナキス(オーストラリア)がワウリンカのガールフレンドと関係を持ったとワウリンカへ伝えていた。

その後キリオスは、ATPが管轄する大会でこれからの6ヶ月の間で再び良からぬ行為を犯した場合、28日間の出場停止処分と2万5000ドル(約300万円)の罰金が追加されるという謹慎期間を言い渡された。その後キリオスが初めて出場した大会が現在行われている全米オープンで、1回戦ではA・マレー(英国)と対戦し敗退していた。

マレーはオーストラリアとのデビスカップ準決勝で祖国イギリスを代表して出場する可能性が高い。その準決勝はイギリスのグラスゴーで行われる。

オーストラリアは、来年の全豪オープンを最後に引退を発表しているL・ヒューイット(オーストラリア)を筆頭に、S・グロス(オーストラリア)、コキナキスをチームへ招集して、ヒューイットとトミックらと共にイギリスとの準決勝へ臨む。ヒューイットは全米オープン2回戦でトミックに接戦の末敗れていた。

8日に出された声明では、マスー監督はトミックを呼び戻すことは、長い審議の後に決定したと語っていた。

「注目したいのは、バーニー(トミック)が行った行為の重大さを分かってもらう手助けをすることで、彼の態度を改善させる努力を続けることをどれほど真面目に行わなければならないかを彼に科すことなのです。」とマスー監督は語っていた。

加えて「ここまでは彼は変わろうとする意思を見せており、それを行動で表している。でもそれは長い道のりだし、それが彼の将来の行為に大きく関わってくるということをしっかり認識している。彼はチームのメンバーに選出されたことがどういう意味なのかを心に刻んでおり、将来過ちを犯すことはほとんど許されないんだ。」と続けていた。

マスー監督曰く、キリオスをチームから外すことは、お互い了承していると言う。

「ニック(キリオス)と彼のチームと友好的な話し合いを持ち、彼のテニスの全ての面で改善の手助けをすることを了承し、長く成功した将来を保証することに合意した。来週のデビスカップは、彼にとってあまりにも急すぎるし、我々の彼に対する計画はデビスカップは入ってはいない。」と、キリオスとの関係が悪いものではないと明かしていた。

(STATS - AP)

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・スタン激怒 キリオスは罰金
・暴れん坊キリオスが大荒れ
・トミック逮捕 軽犯罪法違反
(2015年9月9日12時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

【動画】ダニエルとジョコビッチ 有観客で練習 (0時00分)

【動画】西岡、第1セット先取で座り込む (0時00分)

【動画】飛躍の20歳シュナイダー 全サーフェスV達成の瞬間! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 復帰後2度目の優勝!勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】ジョコビッチとダニエル太郎が五輪に向けトレーニング(ジョコビッチの投稿) (0時00分)

【動画】ズベレフ撃破!20歳フィス 優勝の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル撃破!ボルジェス ATPツアー初優勝の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!