- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

男女複Vが喜び語る

テニスツアーの下部大会である、かしわ国際オープンテニストーナメント(千葉県柏市/吉田記念テニス 研修センター、ハード)は13日、男女ダブルス決勝が行われ、男子は第3シードの吉備雄也(日本)/ 仁木拓人(日本)組が、女子は加藤未唯(日本)/ 大前綾希子(日本)組がそれぞれ優勝を飾った。

男子ダブルスで優勝を果たした第3シードの吉備雄也/ 仁木拓人組は、決勝でイ・ダクヒ(韓国)(韓国)/ ウー・チュンヒョ(韓国)組を6-0, 6-3のストレートで圧倒して優勝を手にした。

吉備雄也は「今回、この大会は去年シングルス優勝、今年はダブルス優勝と、シングルスは先日負けてしまったんですが、素晴らしい名誉のある大会で優勝という結果を持って帰ることが出来て、本当に嬉しく思います。」と優勝した喜びをコメント。

「まだ、来週も試合が東京の方であるので、気を抜かずに頑張りたいと思いますので、また機会がありましたら応援宜しくお願いします。最後になりますが、暑い中応援に来ていただいた観客の皆さん、本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を送った。

仁木拓人は「ここの会場は僕が小学生の頃から何度も、練習や大会で使わせていただいて、すごく大好きな場所なので、今年こそ単複優勝と思ったのですが、残念ながら今日シングルスは負けてしまいました。」

「しかし、ダブルスで吉備選手に助けられて本当にいいプレーが出来て、最後優勝という形で締めくくれてとても良かったと思います。本当に今日はお暑い中お集まりいただいた観客の皆様、1週間応援ありがとうございました。この大会を糧にしてまた頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援宜しくお願いします。本当にありがとうございました。」と話した。


準優勝のイ・ダクヒ/ ウー・チュンヒョ

また、同日行われた女子ダブルス決勝では、加藤未唯/ 大前綾希子組が第1シードの鮎川真奈(日本)/ 二宮真琴(日本)組を6-2, 5-7, [10-8]の接戦の末に下してタイトルを獲得した。

加藤未唯は「シングルスでは、1回戦で負けてしまったんですけど、ダブルスでは、大前選手に沢山助けられて優勝することが出来て良かったです。1週間サポートありがとうございました。」

大前綾希子は「ジュニアの頃からこの大会には出てるんですけど、やっぱり懐かしさとこの大会で初めての優勝が出来たので、本当に今はすごく嬉しく思っています。そして、妹みたいに可愛い加藤選手と一緒にプレーが出来て、もう本当にわいわいしながらプレーをして、優勝出来たのは本当に嬉しいです。」

「そして、今日は本当に暑い中応援に駆けつけてくださった観客の皆様、本当にありがとうございました。次に向けて、次のシングルスでも優勝できるように頑張ります。ありがとうございました。」と抱えていたトロフィーを落としそうになるハプニングが起こるも、笑顔でコメントした。


準優勝の鮎川真奈/ 二宮真琴組


■関連ニュース■ 

・優勝の吉備/仁木 単決勝で対戦
・仁木/吉備組が初優勝飾る
・大前綾希子が単複2冠達成


■最新ニュース■ 

・決勝 松井とダクヒが対戦
・澤柳が連覇に王手 瀬間と決勝
・BIG4脅かす30歳スタンの存在
(2015年6月13日19時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!