- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全英の賞金総額 全米超える

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ ロンドン、芝)を主催するオール・イングランド・クラブ(イギリス・テニス協会)は28日、今年の賞金総額を昨年より約7パーセント増額し2,675万ポンド(約48億5,000万円、約4,060万ドル)に増額すると発表した。

男女シングルスの優勝者はそれぞれ188万ポンド(約3億4,000万円、285万ドル)を受けとるとここなる。

このことでプロテニス競技では、昨年の全米オープンの賞金総額だった3,825ドル(約45億5,000万円)を抜き史上最高額の大会となると、大会主催者は語った。

2011年のウィンブルドンの賞金総額は1,460万ポンド(約26億5,000万円、2,240万ドル)だったが、この4年間で約2倍にと跳ね上がったことになる。

この増額は早期敗退者にも影響を及ぼしている。1回戦で敗退した選手にも、昨年末2万7,000ポンドから今年は2万9,000ポンド(約530万円、4万4,500ドル)が支払われる。

大会主催者であるフィリップ・ブルック氏は、この賞金総額はウィンブルドンがテニス界の頂点にある大会であるステータスを維持する事となり、優勝者だけに高額な賞金が支払われていると言う見方を否定していると述べていた。

ブルック氏は「世界のトップ選手達を除いては、世界最高の大会を開く事は出来ない。ウィンブルドンには選手達が必ず必要な要因であり、この賞金総額は我々の大会にはふさわしい物である。そのため、選手達に支払われる今年の賞金はそれ相当の額である事が大切であると感じている。」と自身の見解を語っていた。

昨年の優勝者であるN・ジョコビッチ(セルビア)P・クヴィトバ(チェコ共和国)が受け取った優勝賞金の176万ポンド(約3億2,000万円)から、今年は7パーセント増額される。

男女ダブルスの優勝者は、昨年より1万5,000ポンド増額となる34万ポンド(約6,200万円、52万ドル)がそれぞれ支払われ、ミックスダブルスの優勝者も4パーセント増額となる10万ポンド(約1,820万円、15万3,000ドル)が支払われる。

今年のウィンブルドンは6月29日から7月12日まで行われる。これまでは、その前に行われるグランドスラムである全仏オープンとは2週間の間を置いていたが、今年から初めて3週間の期間を置いて開催される。

主要なコートで使用されるチャレンジ・システムに必要なホークアイを12番、18番コートにも設置するとイギリス・テニス協会は発表しており、そのことで今年のウィンブルドンは6つのコートでこのシステムが使用されることとなる。

同時に、観客の収容人数も昨年より500人増える3万9,000人となる。これは、昨年工場中だった14番と15番コートが今年はまた使用可能になった事を受ける。そのため、19面のコートを今年は使用しながら大会が行われる。

大会関係者の話では、1番コートに設置中の移動式屋根は予定通りに工事が進んでおり、2019年の大会までには工事が完了する予定である。

イギリス・テニス協会のリチャード・ルイス会長は、ウィンブルドンの放映権をこれまで長年契約し続けたイギリス放送協会であるBBCから衛星放送であるスカイ・チャンネルへ売り渡したとする憶測を否定していた。

「世間で囁かれているような事は全くの憶測に過ぎない。我々はBBCとはとても強い関係を持っており、これまでも何の問題もなく関係を続けている。それを変える理由は全く見当たらない。絶対と言う事は言えないが、近い将来での変更は考えられない。」と、これまでの関係を継続する事を明かしていた。


■関連ニュース■ 
・全仏OPの賞金 約36億円に増額
・全仏オープン 修復工事が保留
・全米OP 優勝賞金が史上最高額


■最新ニュース■ 
・森田勝利もクルム伊達は敗退
・ティプ 3大会連続初戦突破
・フェデラー 初V向け71位と対戦


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年4月29日20時38分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月23日

錦織らドバイ組み合わせ発表 (18時52分)

18歳アリアシム 初の4強へ (15時52分)

新たなATPツアー 中国で開催 (14時57分)

デルポ 復帰戦は8強止まり (13時33分)

マクラクラン勉、複で決勝へ (11時29分)

「ゾーン入った」ベンチッチ決勝へ (10時35分)

33歳イズナー 5年ぶり4強へ (9時18分)

4強チチパス「良い試合」 (7時59分)

2月22日

シード全滅、波乱のリオOP (18時25分)

3連覇狙うスイトリナ 4強入り (15時53分)

マクラクラン勉、複で4強入り (15時10分)

ゴファン 3大会ぶり初戦突破 (13時29分)

デルポ 快勝で2年ぶり8強へ (12時14分)

大坂から女王奪還狙うハレプ (11時07分)

ハレプ4強ならず「疲れていた」 (10時12分)

20歳ウンベル金星「良かった」 (8時47分)

ダニエル太郎 リオ2回戦敗退 (8時10分)

2月21日

YONEX新製品「REGNA」 (20時08分)

18歳の新星 ATP500初8強 (19時03分)

珍事 アウトと思い見送るもイン (16時14分)

チチパス8強 シャポバロフ敗退 (15時07分)

西岡 キリオス組撃破で複4強 (13時05分)

大坂についてTOP10が見解 (11時58分)

錦織らドバイ出場予定一覧 (10時35分)

ダニエル太郎 リオOP初戦突破 (7時55分)

2月20日

大坂破った世界67位敗退 (22時23分)

フェデラー マドリッド出場へ (20時20分)

大坂撃破 要因はサービス改善 (19時44分)

大坂 コーチ騒動で精神的な疲れ (17時01分)

デルポ復帰戦「タフだった」 (16時03分)

ダニエル優勢も雨で順延 (15時01分)

番狂わせ相次ぐ ティーム敗退 (13時21分)

大坂「悲惨」 練習不足明かす (12時50分)

モンフィス 手首負傷で棄権 (12時49分)

西岡 デルポにストレート負け (12時39分)

大坂なおみ撃破で大金星 (10時27分)

【1ポイント速報】西岡vsデル=ポトロ (9時09分)

ツォンガ逆転負け「難しい」 (8時44分)

大坂なおみ 初戦敗退の波乱 (1時41分)

【1ポイント速報】大坂vsムラデノヴィック (1時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!