- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】セリーナ 5年ぶり6度目V

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額15,561,973ドル)は31日、女子シングルス決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第2シードのM・シャラポワ(ロシア)を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し、同大会5年ぶり6度目の優勝、さらに同大会での女子最年長優勝記録を更新した。

両者は今回が19度目の対戦となり、セリーナはシャラポワとの対戦成績を17勝2敗とさらに大きくリードし、今回の勝利でセリーナは、シャラポワに16連勝となった。

この試合、第1ゲームからシャラポワのダブルフォルトでブレークに成功したセリーナは、ゲームカウントを3−1とリードする。第1セットの第6ゲームでは、雨のために一時試合は中断となるも屋根を閉めて再開。

セリーナは体調不良で時折苦しそうな表情を見せたが、強烈なサービス、ストロークでシャラポワを圧倒。このセットだけで3度ブレークに成功したセリーナが、シャラポワに1度ブレークを許すも第1セットをゲームカウント6−3で先取する。

第2セットでは、両者ポイントを取るたびに叫び、白熱したラリー戦が繰り広げられ、このセットだけで14本のサービスエースを決めたセリーナだが、両者サービスキープが続いてタイブレークへ突入。最後はセリーナがワイドにサービスエースを決め、タイブレークをものにして優勝を決めた。

女王セリーナは、過去同大会で2003年に初優勝を飾り、その後は2005・2007・2009・2010年と5度のタイトル獲得を果たした。昨年は4回戦でA・イバノビッチ(セルビア)に敗れてベスト8進出を前に姿を消していた。今回は2010年以来、5年ぶり6度目の優勝を手にした。

《優勝候補セリーナが番狂わせに見舞われる》

今回優勝したことにより33歳のセリーナは、昨年優勝したN・リー(中国)の当時31歳の記録を抜いて同大会でオープン化以降の最年長女王となった。

さらに、今回がグランドスラム19勝目となったセリーナは、オープン化以降ではM・ナブラチロワ(アメリカ)C・エバート(アメリカ)を越えて歴代2位となるグランドスラム優勝回数となり、セリーナの上には歴代1位で22度の優勝を誇るS・グラフ(ドイツ)だけとなった。

一方、セリーナに敗れた世界ランク2位のシャラポワは、セリーナに最後に勝利したのが2004年の最終戦で、今回は粘りを見せるも10年ぶりの勝利とはならず、セリーナに16連敗となった。

過去同大会では、2008年に初優勝を飾っており、今回は7年ぶり2度目の優勝を狙うもセリーナに敗れて準優勝に終わった。




■関連ニュース■ 

・セリーナ シャラポワを警戒
・セリーナ決勝 挑戦跳ね除ける
・セリーナ「最高のプレーをする」


■最新ニュース■ 

・錦織 自身初3連覇達成なるか
・国枝 慎吾 単複3連覇で8度目V
・ジョコビッチ「1番の違いだった」


■最新動画■ 

・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月31日19時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!