- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

鍋島昭茂 記憶に残る名勝負

実況でお馴染みのフリーアナウンサー鍋島昭茂氏がtennis365.netの独占インタビューに応じた。

【鍋島昭茂 独占インタビュー】

これまで実況した中で印象に残っている試合は?
甲乙つけがたいのですが、2005年マスターズカップ決勝、R・フェデラー(スイス)D・ナルバンディアン(アルゼンチン)の対戦です。(この時の試合はナルバンディアンが2セットダウンから大逆転勝利をおさめて優勝を飾った)

この時の大会はR・ナダル(スペイン)A・アガシ(アメリカ)が出場権利を持っていたのですが、ナダルは大会前、アガシは大会中の怪我で欠場してしまって、フェデラーも直前のバーゼル(スイス・インドア)で足を痛めて、本当は欠場すべきだったのですが当時No.1の責任感からか出場したんです。

そしてA・ロディック(アメリカ)も欠場してナルバンディアンが出場することになりました。

あの時のフェデラーはそれでも勝ち続け決勝に進み、当時の決勝は5セットマッチでナルバンディアンとの決勝でフェデラーが先に2セット取るのですが、そこからナルバンディアンが追いついて第5セットもフェデラーがリードするのですがナルバンディアンが追いつく。フェデラーの足はもう限界で、ナルバンディアンは直前に父親を亡くしていて、母親がコートサイドにいました。

両者の想いが伝わってきて、現地の上海で実況してたのですが解説の丸山薫さんと涙を流しながら実況していました。2人に優勝トロフィーを上げたくなるような試合でした。

当時のフェデラーは1セット落としただけでニュースになるくらい強かったですからね。

そしてこの時のマスターズ、予選ラウンドロビン1試合目もフェデラーとナルバンディアンの試合でした。こういった所にドラマを感じますね。

それに続く試合では2005年のローマで行われたナダルとG・コリア(アルゼンチン)の決勝、5時間14分の試合ですね。あの時も決勝だけ5セットマッチで、この死闘がナダル時代の到来を告げた試合だったと思います。この試合で印象的だったのはナダルのダブルフォルトが第5セットの第12ゲームまで無かったことですね。

それと2004年の全仏オープン1回戦、A・クレマン(フランス)F・サントロ(フランス)の6時間34分の試合、2日目の試合を実況しました。本当はT・ヘンマン(英国)の試合をやるはずだったのですが変更となり、また何ゲームもやりましたね。

後は2010年の全仏オープン、クルム伊達公子(日本)さんがD・サフィーナ(ロシア)に足を引きずりながらも勝った試合です。コート・スザンヌ・ランランで行われて、 この時は坂本真一さんの解説でした。伊達さんがスゴイのは足が動かないのにサフィーナを左右に振り回して、なぜか伊達さんのがいる中心にボールが集まってくるという、流石だなと思いました。

たくさんありますね。それぞれの選手にベストマッチがあるので。

シーンで言うとフェデラーとM・サフィン(ロシア)のタイブレーク20-18というのが一番残っています。2004年のマスターズ、ヒューストンの準決勝でした。そのタイブレークは18-18までエラーではなく全てウィナーで試合が進みました。18-18か18-19の場面でサフィンがサーブを打つ時にスペアボールを落として、嫌な間だなと思ったらフェデラーがポイントをとって勝利したというのも印象に残っています。

たまにしか実況しないのですが気になる選手が歴代いて、D・ナルバンディアンやN・ダビデンコ(ロシア)E・ガルビス(ラトビア)が気になります。あまり日本人の方々は知らないのに実力がある、もっと知ってもらいたいなという選手が気になります。

ダビデンコは先日引退してしまいましたが、2009年のロンドンで行われたツアー・ファイナルズで全豪を優勝したナダル、全仏とウィンブルドンで優勝したフェデラー、全米で優勝したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)とその年のグランドスラム優勝者全員を下して優勝しました。この時は嬉しかったですね。

今はガルビスですね。父親は大富豪、母親は舞台女優、素質はあるのに練習に身が入らないという。一時期ランキングを落としたのですが今年の全仏オープンで復活したのは嬉しかったです。ガルビスは2010年のローマ準決勝でナダルとクレーで対戦して敗れたのですが、ウィナーを50度取りました。ナダルからウィナーをこれだけ取れるのはガルビスだけですね。2008年のバルセロナ2回戦でC・モヤ(スペイン)に勝ってプチブレイクしたのですがその後は低迷してましたがまた活躍するのを心待ちにしていました。

※インタビューは3回に分けて配信し、次回は12月29日に配信する。

《鍋島昭茂 独占インタビュー@》


■最新ニュース■ 

・ジョコビッチ 全英優勝で1位
・森田 あゆみ 動画レッスン2
・飛躍の錦織 明暗を分けた5月
・守屋 宏紀「大きな自信になった」
・全英優勝 ディミトロフと予想


■最新動画■ 

・【全編無料】錦織 圭vsマレー
・錦織 圭vsフェデラー【ラウンドロビン】
(2014年12月28日9時36分)
  • コメント -

    その他のニュース

    9月18日

    【告知】大坂なおみvsチブルコワ (21時13分)

    奈良くるみ 元女王に屈する (21時00分)

    モンフィス CHで復帰へ (20時24分)

    スティーブンス 東レ初戦敗退 (19時50分)

    日比野 複で初戦突破ならず (19時27分)

    発見 脳を利用した練習方法 (19時14分)

    大坂なおみ 最終戦ランク4位 (17時21分)

    錦織 最終戦10位、17日付 (11時22分)

    ワウリンカ 露で初戦突破 (10時35分)

    9月17日

    錦織12位 日本勢世界ランク (22時34分)

    日比野 健闘も敗退「悔しい」 (22時30分)

    天国と地獄を見た土居美咲 (20時33分)

    大坂 初戦は元4位チブルコワ (19時42分)

    大坂 涙の全米は「後悔ない」 (16時52分)

    大坂「カツ丼まだ。天ぷらも」 (13時58分)

    大坂7位 17日付世界ランク (11時28分)

    4時間熱戦制し2年ぶり決勝へ (9時55分)

    錦織12位 17日付世界ランク (8時26分)

    9月16日

    デ杯 日本、4勝0敗で勝利 (21時04分)

    東レ 日比野と土居が本戦へ (18時46分)

    4時間の死闘制し望みつなぐ (17時56分)

    デ杯 仏が2年連続の決勝進出 (17時42分)

    守屋宏紀 CH4勝目ならず (17時21分)

    穂積組、加藤/二宮破りV (17時00分)

    綿貫陽介 デ杯デビュー戦白星 (13時08分)

    【1ポイント速報】デ杯 綿貫陽介 (12時07分)

    錦織らモゼールOP組み合わせ (12時01分)

    ジュニア国際大会 15日開催 (12時00分)

    9月15日

    大坂ら東レ組み合わせ発表 (20時37分)

    穂積組、青山組破り決勝へ (20時31分)

    17歳 予選から快進撃で決勝へ (20時12分)

    守屋 3時間半激闘制し決勝へ (19時28分)

    日本ファイナルズ予選進出決定 (15時09分)

    チリッチら勝利 決勝進出王手 (10時43分)

    デ杯 仏2連勝で決勝進出王手 (9時36分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!