- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 エース15度決め勝利

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールド・チャレンジ(愛知県/豊田市、ハード、賞金総額4万ドル/優勝賞金約5千8百ドル)は17日、シングルス、ダブルス1回戦が行われ、第1シードの伊藤竜馬(日本)がJ・ジュン(アメリカ)を6-4, 7-6 (7-3)のストレートで下し2回戦進出を決めた。

伊藤竜馬は試合を通じて15度のサービスエースを量産し、第1セットは1度のブレークで先取し、第2セットは両者2度ずつのブレークからタイブレークにもつれるも、伊藤竜馬がこの試合を制した。

両者は初対戦となり、勝利した伊藤竜馬は2回戦で関口周一(日本)と主催者推薦で出場の近藤大基(日本)の勝者と対戦する。

また、同日行われたシングルス1回戦では先日行われた全日本選手権で準優勝し、その翌週の慶應チャレンジャーではまさかの1回戦敗退を喫した第4シードの杉田祐一(日本)が予選を勝ち抜いた今井慎太郎(日本)(早稲田大学)に完勝し、主催者推薦対決となった小ノ澤新(日本)綿貫裕介(日本)の試合は、小ノ澤新が勝利しそれぞれ2回戦に進んだ。

ダブルスでは佐藤文平(日本)/ TH・ヤン(台湾)組が2回戦に進むが、守屋宏紀(日本)/ 小ノ澤新組、綿貫敬介(日本)/ 綿貫裕介組は1回戦敗退としている。

この日に行われた結果は以下の通り:

【シングルス1回戦】

○伊藤竜馬(1)
vs ●J・ジュン 6-4, 7-6 (7-3)

○小ノ澤新(WC)
vs ●綿貫裕介(WC) 6-4, 6-3

ナム・ジソン(韓国)(QF)
vs ●松井俊英(日本) 7-5, 6-7 (1-7), 6-1

○杉田祐一(4)
vs ●今井慎太郎(QF) 6-1, 6-1

【ダブルス1回戦】

○HH・リー(台湾)/ D・ウドムチョク(タイ)
vs ●守屋宏紀/ 小ノ澤新組 6-3, 7-6 (7-3)

チェン・ディ(台湾)/ LC・フアン(台湾)組(4)
vs ●L・サビル(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)組 3-6, 7-6 (8-6), 10-6

○佐藤文平/ TH・ヤン組
vs ●A・ハブル/ J・P・スミス(オーストラリア)組 6-4, 7-6 (7-4)

○MX・ゴン(中国)/ HY・ペン(台湾)組(3)
vs ●綿貫敬介/ 綿貫裕介組 6-2, 6-1


■関連記事■ 

・8強の西岡 7つ上げ自己最高位
・錦織 自己最高位5位で終える
・今井慎太郎 本戦出場決める
・添田 豪 2年連続決勝進出逃す
・伊藤8強 添田は西岡に快勝


■関連動画■ 

・錦織と激戦を繰り広げたラオニチ
・ツォンガが復調!
(2014年11月18日8時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月22日

マレー 14年ぶりCH出場へ (20時38分)

ペール8強「本当にうれしい」 (16時02分)

ナダル 西岡ら全米会場で練習 (11時11分)

アニシモワ 父の急死で全米欠場 (11時02分)

錦織ら全米OPシード発表 (7時35分)

大坂ら全米OPシード順一覧 (7時18分)

内山靖崇 全米OP本戦へ王手 (7時02分)

清水綾乃 全米予選2回戦敗退 (6時22分)

8月21日

錦織 ジョコら楽天出場一覧 (20時15分)

ティアフォー相手棄権 3回戦へ (16時04分)

3カ月でコーチ契約解消へ (14時20分)

シャポバロフ「会心の勝利」 (14時16分)

ジョコら全米OP会場で練習 (11時57分)

ダニエル太郎ら予選1回戦敗退 (11時54分)

日比野 逆転で予選2回戦へ (11時51分)

元世界8位 今季限りで引退へ (11時45分)

松岡修造、全米OPを語る (10時54分)

ベルディヒ 復帰戦は2回戦敗退 (8時27分)

8月20日

チョン 全米OP予選2回戦へ (18時09分)

インカレ 単複決勝の結果一覧 (17時07分)

マレー 2週連続の初戦敗退 (16時29分)

フェデラーら全米会場で練習 (14時55分)

錦織 最終戦ランクは8位 (11時19分)

清水綾乃 全米OP予選2回戦へ (11時15分)

杉田ら全米OP予選2回戦へ (8時51分)

8月19日

インカレ 今村と山尾が決勝へ (21時56分)

インカレ 佐藤南帆が単複決勝へ (21時34分)

メドヴェデフ 初のトップ5へ (19時16分)

錦織7位 西岡は59位へ浮上 (16時45分)

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!