- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎vsラオニチが登場

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は25日、男子シングルス1回戦が行われ、予選3試合を勝ち抜きグランドスラム初の本戦出場を決めたダニエル太郎(日本)が第5シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。

21歳のダニエル太郎は、今年の全豪オープンで初めてグランドスラムの予選に出場し、予選2試合を勝ち抜き本戦出場に王手をかけた。予選3回戦では、元世界ランク21位のT・ベルッチ(ブラジル)に敗れて本戦入りとはならなかった。

《全豪オープン予選の記事はこちら》

2月のロイヤル・ガード・オープン・チリでは、予選を勝ち抜き本戦入りを果たし、2回戦でF・デルボニス(アルゼンチン)を大接戦の末に下してATPツアー初のベスト8進出を決める快進撃を見せた。

《ATPツアー初のベスト8の記事はこちら》

4月のデビスカップでは、チェコ共和国との準々決勝で日本代表に初選出され、シングルス2試合に出場した。1試合目のL・ロソル(チェコ共和国)との対戦では、2セットダウンから巻き返してファイナルセットに持ち込んだ。敗れはしたものの粘り強いテニスを見せ、日本のテニスファンにその名を知らしめた。

《デビスカップの記事はこちら》

その後ダニエル太郎は、全仏オープンとウィンブルドンの予選にも挑戦するも、ともに予選1回戦で敗退。グランドスラム本戦を掴めずにいた。

しかし、今回全米オープン予選1回戦でAl・クズネツォフ(アメリカ)、2回戦でT・アンドロイク(クロアチア)、3回戦で予選第10シードのP・ポランスキー(カナダ)に勝利し、グランドスラム初本戦への切符をものにした。

一方、ダニエル太郎と対戦する世界ランク6位のラオニチは、今年の全仏オープン準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるもベスト8進出、ウィンブルドンでは準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れるもグランドスラム初のベスト4入りを果たした。

その後のシティ・オープン男子では、同胞のV・ポスピシル(カナダ)を下して今季初のタイトルを獲得した。

先日のW&Sオープン男子では、準決勝でフェデラーに敗れて決勝進出を逃すも、ベスト4進出を果たすなど今季は安定した成績を残してきている。

ビッグサーバーのラオニチは、ウィンブルドンで全6試合を通して最多サービスエース数の164本を決めた。また、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率は、全6試合平均で約87パーセントと高い確率でポイントを獲得した。

そんなビッグサーバーのラオニチ相手にダニエル太郎は、どんな試合を披露するのか期待がかかる。

両者の対戦は、現地時間8月25日の17時(日本時間では8月26日の6時)から開始する予定で、第4試合に組まれている。(※試合の進行状況により、開始時間が前後する可能性あり)


《全米オープン2014特集ページはこちら》



■関連記事■ 

・18歳西岡 良仁の活躍に注目
・ビッグ4と世代交代なるか
・ダニエル太郎ら対戦相手決まる
・錦織 トップ10返り咲きなるか


■関連動画■ 

・決して諦めないモナコが見せた気迫溢れるプレー!
・連覇を懸けて戦うロブレドが絶好調クエバスと激突!
(2014年8月25日17時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!