- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年準Vリシキ「特別な場所」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は24日、女子シングルス1回戦が行われ、昨年準優勝を飾った第19シードのS・リシキ(ドイツ)J・グラスコ(イスラエル)を6-2, 6-1とわずか57分で一蹴し、2大会連続の決勝進出へ向けて快勝で初戦突破を決めた。

この試合、リシキはファーストサービスが入った時に77パーセントの確率でポイントを獲得し、6度のブレークに成功して勝利をおさめた。

通常、大会2日目のセンターコート第1試合には、前年度女子チャンピオンが1回戦に登場するが、昨年覇者のM・バルトリ(フランス)が同大会優勝した数週間後に突然の引退を表明してコートを去ったため、準優勝だったリシキがこの日のセンターコートに登場していた。

《バルトリ引退の記事はこちら》

「今日のセンターコートの第1試合でこうしてプレーする事が出来た事は大きな誇りです。私にとっては特別な場所なのです。」とリシキはその場に立てた思いを明かしていた。

この試合の前、元イギリス人女子ナンバー1だったE・バルタチャ(英国)の死を追悼するセレモニーが行われ、昨年覇者のバルトリも参加した。

今年の5月4日に肝臓ガンで30歳の若さでこの世を去ったバルタチャ。バルトリはバルタチャが運営するテニスアカデミーの生徒である9歳のエル・ロブス=ミラーちゃんに手を引かれて登場し、涙をぬぐいながらセレモニーに参加していた。

《バルタチャの記事はこちら》

その光景を見守っていたリシキは「本当に、本当に特別な瞬間だったと思う。」とセレモニーについてもコメントしてた。

2回戦でリシキは、K・ナップ(イタリア)を6-7 (4-7), 6-4, 10-8の接戦で下したK・プリスコワ(チェコ共和国)と対戦する。


■関連記事■ 

・突然の引退、ウィンブルドン女王バルトリ「これ以上プレー出来ない」
・18人目の全英女王バルトリ「この瞬間を夢見ていた」
・23歳リシキが初の決勝へ、元女王グラフ以来17年ぶりの快挙なるか
・セリーナ 16度のエースで快勝


■関連動画■ 

・クレーシーズンの最後を飾る全仏オープンを特集!
・全仏4強ガルビスが見せた圧巻のプレー!

(2014年6月25日18時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!