- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日本、昇格目指し再スタート<フェドカップ>

20日、女子テニスの国別対抗戦フェドカップ ワールドグループ2部プレーオフ 日本対オランダは大会2日目、第2試合に登場した土居美咲(日本)A・ルス(オランダ)に5-7, 3-6で敗れ、アジア・オセアニアゾーン1部降格が決まった。続く第3試合では青山修子(日本)/ 尾崎里紗(日本)組がK・ベルテンス(オランダ)/ M・クライチェック(オランダ)組を1-6, 6-3, 10-8のフルセットで下しオランダとの対戦結果を日本が2勝3敗で終えた。

第1試合で奈良くるみ(日本)が敗れてあとが無くなった日本チーム、第2試合の土居美咲はベルテンスにサービスキープに苦しみ、6度サービスゲームをブレークされて1時間38分で敗れた。

敗れた日本はこの時点でアジア・オセアニアゾーン1部に降格が決まった。

第3試合には青山修子/ 尾崎里紗組が登場し、ベルテンス/ クライチェック組にファーストサービスが入った時に61パーセントでポイントを獲得し、ベルテンス/ クライチェック組から2度のブレークを奪い、フルセットの末に1時間11分で勝利した。

第1セット、青山修子/ 尾崎里紗組はベルテンス/ クライチェック組から3度のブレークを許し、1-6でセットを奪われる。

続く第2セットは青山修子/ 尾崎里紗組が2度のブレークに成功し、ベルテンス/ クライチェック組にブレークチャンスを与える事無くセットを6-3で奪う。

最終セット、スーパータイブレークでは10-8で競り勝ち2勝目を勝ち取った。

アジア・オセアニアゾーン1部に降格が決まった日本チーム、再びワールドグループ2部昇格のため再スタートとなった。

日本対オランダ戦の結果は以下の通り。

【大会1日目】
・第1試合シングルス:奈良くるみ ○-× A・ルス, 7-5, 2-6, 6-1
・第2試合シングルス:土居美咲 ×-○ K・ベルテンス, 0-6, 6-7 (3-7)

【大会2日目】
・第1試合シングルス:奈良くるみ ×-○ K・ベルテンス, 6-7 (5-7), 6-4, 7-9
・第2試合シングルス:土居美咲 ×-○ A・ルス, 5-7, 3-6
・第3試合ダブルス:青山修子/ 尾崎里紗 ○-× K・ベルテンス/ M・クライチェック, 1-6, 6-3, 10-8


■関連記事■

《日本は1勝1敗、2日目に望みつなげる<フェドカップ>》

《日本対オランダ、残留を賭けた戦い<フェドカップ>》

《吉田 新監督が「期待している」19歳を初選出<フェドカップ>》

《日本敗れる、通算1勝3敗<フェドカップ>》

《日本崖っぷち、プレーオフへは3連勝が必須<フェドカップ>》


■関連動画■

《ナダルとジョコビッチが別次元のストローク戦を展開!ATP男子ツアーマガジン Vol.212》

《王者ナダルが未だ優勝経験のないソニー・オープンを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.212》

(2014年4月21日14時27分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!