- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クエリー、ブレイク現役最後の対戦相手に逆転勝利<モゼール・オープン>

男子テニスツアーのモゼール・オープン(フランス/メッツ、ハード)は16日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのS・クエリー(アメリカ)I・カルロビッチ(クロアチア)を4-6, 7-6 (7-4), 6-4の逆転で下し、2回戦進出を決めた。

世界ランク31位のクエリーは同73位のカルロビッチに25本のサービスエースを決められるも、ファーストサーブが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得した。さらに、勝敗がかかる第3セットで1ブレークに成功しクエリーは、1時間42分で逆転勝利を収めた。

クエリーは2回戦で、I・セイスリン(オランダ)P・H・マチュー(フランス)の勝者と対戦する。

今大会の第1シードはJW・ツォンガ(フランス)、第2シードのG・シモン(フランス)、第3シードはA・セッピ(イタリア)、第4シードはP・コールシュライバー(ドイツ)となっている。また、上位4シード選手は1回戦が免除されており、2回戦からの登場となる。

一方、クエリーに敗れた34歳のカルロビッチは今年の全米オープン1回戦で、同大会を最後に引退を表明していたJ・ブレイク(アメリカ)のシングルスでの現役生活最後の対戦相手だった。その時はカルロビッチが6-7 (2-7), 3-6, 6-4, 7-6 (7-2), 7-6 (7-2)の2セットダウンからの逆転勝ちを収めていた。


■関連記事■

《33歳ブレイクが14年間のシングルス人生に幕「ありがとう」<全米オープン男子>》

《ダブルスも敗れたブレイク、現役引退へ<全米オープン>》

《1881年以来初の事態、アメリカ勢男子姿消す<全米オープン>》

《史上初の事態、アメリカの黄金時代は何処へ》

《アメリカの救世主アイズナーが快進撃、大逆転に成功<W&Sマスターズ>》


■関連動画■

《歴代王者が集結した華やかな式典を特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.186》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

《マレー語る、全米オープンの前哨戦W&Sマスターズを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》

(2013年9月17日11時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!