- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

穂積絵莉が単複制覇の期待、注目の若手は無念<能登国際女子オープン>

女子テニスツアーの下部大会であるITFサーキットの能登国際女子オープン(石川県/能登町、2万5千ドル、砂入り人工芝)は、6日にシングルス準々決勝が行われ、第1シードの穂積絵莉(日本)久見香奈恵(日本)を6-2, 6-1で圧倒し、ベスト4進出を決めた。

19歳の穂積絵莉は、軽井沢国際女子テニス以来となる今年2度目の優勝に大きく前進した。

穂積絵莉が準決勝で対戦するのは、予選から勝ちあがり快進撃を見せているM・ヨー(韓国)。そのヨーはこの日、第6シードの今西美晴(日本)を6-3, 6-3のストレートで下している。

もう一方のドローの山では、第5シードの田中真梨(日本)が快進撃を見せている細沼千紗を6-1, 6-2でおさえてベスト4進出を決めた。田中真梨は準決勝で、高雄恵利加(日本)を6-3, 3-6, 6-4で下したD・エリック(セルビア)と対戦する。

若手期待の選手である細沼千紗は、今年のインターハイで富士見丘を4連覇に導く活躍を見せ注目を集めていたが、今大会ではシードの壁を破ることを出来ず、ベスト8に終わった。

この日ダブルス準決勝1試合も行われ、第4シードの穂積絵莉/ 二宮真琴(日本)組がN・ハン/ M・ヨー組を6-4, 1-6, [10-4]という大接戦の末に下し決勝進出を果たした。

単複制覇の期待がかかる穂積絵莉は、明日行われるダブルス決勝で、ノーシードながら対戦ペアの相次ぐ棄権により、既に決勝進出を決めていた伊藤和沙(日本)/ 森友香(日本)組と対戦する。

■関連記事■

《ベテラン無念の棄権、17歳の細村千紗は8強へ<能登国際女子オープン>》

《メダル総なめの桑田おさえ、穂積絵莉が初戦突破<能登国際女子オープン>》

《牛島が細沼千紗の3冠阻み優勝<インターハイ>》

《日本人が初優勝◇能登国際女子オープン2012》

《19歳の江口が決勝進出◇能登国際女子オープン2011》
(2013年9月6日20時26分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!