- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブレイクがモンフィスに脱帽、完全復活か◇米男子クレーコート選手権

男子テニスツアーの米男子クレーコート選手権(アメリカ/テキサス州ヒューストン、賞金総額45万5775ドル、レッドクレー)は8日に開幕し、シングルス1回戦3試合が行われ、G・モンフィス(フランス)J・ブレイク(アメリカ)との元トップ10対決を7-6 (7-5), 7-5のストレートで制し初戦突破を決めた。

第1セットは両者サービス・キープを続けるが、ゲームカウント4ー4からの第9ゲームでモンフィスは先にブレークを許してしまう。ゲームカウント5ー4とリードしたブレイクだったが、続くサービング・フォー・ザ・セットでモンフィスにブレークバックを許すと、そのセットをタイブレークの末にモンフィスが先取する。

第2セットも第2ゲームで先にブレークを決めゲームカウント3−0とリードしたブレイクだったが、そこから3ゲームをモンフィスに連取されてゲームカウント3−3に並ばれると、第11ゲームでこのセット2度目のブレークを決めたモンフィスが、続く自身のサービスゲームをキープして1時間47分で勝利を飾った。

昨年は右膝の怪我で夏に3ヶ月半のツアー離脱を要したモンフィスは「かつてのプレーをほぼ100パーセント取り戻している。今日のフットワークにはとても満足している。悪夢のような怪我から復帰して、こんなプレーが出来ている事に、本当に嬉しく思っている。」と、自身のプレーに喜びを見せていた。

ブレイクは「彼(モンフィス)はとてもタフなプレーをしていた。素晴らしいサーブを打って来て、なかなかポイントを取らせてくれなかった。ファーストサーブが入ると、そのポイントはほとんど彼に主導権があった。」と試合を通して15本ものサービスエースを記録したモンフィスに脱帽していた。

今大会はブレイクの地元アメリカの大会だったが、モンフィスにも同じように声援が飛んでいた。しかし試合中モンフィスは、高い集中力から声援が聞こえていなかったと語る。

「最後に公式戦をしてから4週間が経っていたから、この試合に勝つ事だけに集中していて、膝に痛みがない事だけを気にかけていたんだ。彼(ブレイク)の地元だからアウェーの環境での試合になって厳しい状況になるかと思っていたんだ。でも今日の観客はとてもフェアーだった。」

モンフィスは2回戦で第1シードのN・アルマグロ(スペイン)と対戦する。両者は4年ぶりの対戦で、これまでの対戦成績は2勝2敗だが、クレーでの対戦はアルマグロの2勝0敗となっている。

この日行われた残りの試合では、地元アメリカ勢に軍配が上がった。T・スミチェク(アメリカ)J・ウィアンナ(フランス)を6-1, 6-2で、主催者推薦のR・ウィリアムズ(アメリカ)G・ペラ(アルゼンチン)を7-5, 7-5と、いずれもストレートで下し2回戦進出を決めた。

スミチェクは第3シードのJ・モナコ(アルゼンチン)と、ウィリアムズは第4シードのS・クエリー(アメリカ)と、それぞれ2回戦で戦う。

今大会は上位4シード選手が1回戦を免除されており、2回戦から登場する。第1シードはアルマグロ、第2シードがT・ハース(ドイツ)、第3シードがモナコ、第4シードがクエリーと続く。ハースは2回戦でR・ベランキス(リトアニア)J・レヴィン(アメリカ)の勝者と対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

●J・ブレイク vs. ○G・モンフィス, 6-7 (5-7), 5-7
●G・ペラ vs. ○R・ウィリアムズ, 5-7, 5-7
○T・スミチェク vs. ●J・ウィアンナ, 6-1, 6-2

今大会の優勝賞金は8万2300ドル。

(翻訳・記事/弓削忠則)

■関連記事

《モンフィスが大会欠場を発表◇楽天ジャパン・オープン》

《4度目の優勝目指すアルマグロがナルバンディアンとの対戦へ◇ブラジル・オープン》

《王者ジョコビッチの素顔に迫る◇ATPテニスマガジン》

(2013年4月9日14時48分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!