- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達公子が通算5勝目の複優勝◇モンテレイ・オープン

女子テニスツアーのモンテレイ・オープン(メキシコ/モンテレイ、ハード)は7日、ダブルス決勝で第1シードのクルム伊達公子(日本)/ T・バボス(ハンガリー)組が第3シードのE・ビルネロバ(チェコ共和国)/ T・タナスガーン(タイ)組に6-1, 6-4のストレートで勝利し、見事に優勝を果たした。

第1セット、クルム伊達組は、ビルネロバ/ タナスガン組に危なげない試合運びで1度のブレークポイントも与えず6−1で先制、第2セットに入ってからは1度のブレークを許すも2度のブレークを奪い1時間10分でゲームセット。42歳のクルム伊達公子は、ペアのバボスとの優勝を飾るとともに、キャリア通算5勝目、今季では2勝目となるダブルスタイトルを獲得した。

昨年の同大会でクルム伊達公子は、S・エラーニ(イタリア)/ R・ビンチ(イタリア)組に敗れ準優勝となっていた。

今大会シングルス1回戦で腰の不調から棄権を申し出、マッサージを受けるなど治療をしながらここまでダブルスを勝ち進んできた。

クルム伊達はペアのバボスについて「いいときと悪くなるときと極端になるので時々ハラハラしますが、メンタル的にかなりの自信を持っているし、パワーはやっぱり半端じゃないので頼もしい。ときどきパワーに頼りすぎて自滅している傾向があるのが残念。」と自身のブログでコメント。また、決勝の相手ペアをパワーが無いがストロークとネットプレーが良いと分析していた。

■関連記事■

《クルム伊達組4強入り、森田 あゆみ世界6位に完敗◇モンテレイ・オープン》

《快勝のクルム伊達「頼もしいパートナー」◇モンテレイ・オープン》

《棄権のクルム伊達「腰がどうにもこうにも」◇モンテレイ・オープン》

(2013年4月8日6時21分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!