- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】フェデラーを脅かし、クレイステルスを破った若手達◇第4弾 2012新星選手シリーズ その1

今年、テニス界で新たな旋風を巻き起こした選手達がいました。今日と明日の2日間で、今年に入り世界に名を広めた選手達をご紹介します。

【デヴィド・ゴファン】

世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)は全仏オープン4回戦で思わぬ苦戦を強いられた。そのフェデラーに善戦したのが、彗星のごとく現れたD・ゴファン(ベルギー)だった。

ゴファンは今年世界ランクを174位からスタートさせ、下部大会であるチャレンジャー大会に出場しながら着実に力をつけてきた。

全仏オープンでは予選3回戦で敗退したが、ラッキールーザーで本戦出場を決めた。1回戦は、当時世界ランク27位だったR・シュティエパネック(チェコ共和国)に6-2, 4-6, 2-6, 6-4, 6-2の大激闘の末に、2回戦もA・クレマン(フランス)に3-6, 7-6(2), 0-6, 6-2, 6-1のフルセット、3回戦はL・クボット(ポーランド)にストレートでそれぞれ勝利し、フェデラーとの4回戦進出を決める。

この試合、当時世界ランク109位のゴファンはフェデラーと互角のラリー戦を展開する。そして、鮮やかなカウンターショットを決めるなどでブレークに成功したゴファンは、最後フォアハンドのウィナーで決め、第1セットを先取する。

第2セットでもゴファンの勢いは衰えず、フォア・バックともに強力なショットを次々と繰り出し、スザンヌ・ランラン・コートの観客を盛り上げる。しかし、第11ゲームでフェデラーにこの試合初めてブレークされ、このセットを落としてしまう。

以降はフェデラーに試合の主導権を握られ、2時間54分で4回戦敗退となった。

試合後、子供の頃にフェデラーのポスターを自分の部屋に飾っていたという21歳のゴファンは「信じられない1週間だった。ここでロジャーと対戦できたのは、オマケのようなもの。」と、ここまでの快進撃を振り返った。

第4セットの第10ゲーム、コートを縦横無尽に駆け回り、最後は見事なタッチでボレーを決めたゴファンは、人差し指を突き上げ、観客席にお辞儀をして大歓声に応えていた。この時のことについては「スタジアムが燃え上がったようだった。」と、例えた。

ゴファンについてフェデラーは「彼はボールタッチと読みに素晴らしいポテンシャルを持っている。驚かされたよ。」と、称賛した。

《「全仏オープン フェデラーvs ゴファン戦」はこちら》

その後、ゴファンはウィンブルドン3回戦、ウィンストン・セーラム・オープンとバレンシア・オープンではベスト8へ進出するなどで、世界ランクを46位まで上げ、今シーズンは飛躍した年となった。


【ローラ・ロブソン】

元世界ランク1位のK・クレイステルス(ベルギー)は、今年の全米オープンを最後に現役生活に幕を下ろすと発表。全米オープンでは2005年、2009年、2010年で3度の優勝を果たしていた。

迎えた全米オープン、1回戦でV・デュバル(アメリカ)に51分の快勝、難なく2回戦へ駒を進めた。だが、次の2回戦がクレイステルスの現役最後の試合だとは誰も予想できなかっただろう。

クレイステルスの2回戦の相手はL・ロブソン(英国)。今年のロンドンオリンピックでロブソンは、A・マレー(英国)とのミックスダブルスで銀メダルを獲得していた。

クレイステルスとロブソンの2回戦、第1セットは第4ゲームでクレイステルスが先にブレークし、ゲームカウント5−3とサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、ロブソンにブレークバックを許し、タイブレークへと持ち込まれる。

タイブレークでは4−4まで互いにポイントを奪い合うも、その後ロブソンの鋭いリターンなどか決まり、第1セットはロブソンが先取する。

第2セットに入ると、第1セット同様第4ゲームでブレークに成功するクレイステルス。だが、第5ゲームでロブソンの強烈なショットに押され、すぐさまブレークバックを許してしまい、ゲームカウント2−2となる。

以降は互いにサービスキープを続けるも、ゲームカウント5−5の第11ゲームでロブソンがスマッシュのミスを犯したことにより、30−40とクレイステルスにブレークチャンスを与えてしまう。このポイントで、力んだクレイステルスのリターンがアウトし、結局このゲームはロブソンがサービスキープ。

迎えた第12ゲーム、クレイステルスのサービスゲームで15−40とロブソンはマッチポイントを握る。このチャンスをクレイステルスにドライブボレーとサービスエースでしのがれ、第2セットもタイブレークへ突入。

タイブレークでは1ポイント目でバックハンドのダウンザラインを決められ、クレイステルスに試合の流れが傾くかと思われたが、ロブソンはカウンターショットなどを決め、7-6 (7-4), 7-6 (7-5)の2時間6分でクレイステルスの現役生活に終止符を打った。その瞬間ロブソンは天を仰ぎネットへ歩み寄ると、クレイステルスと抱き合った。

「話し合いをして色々なことを考えて、引退を決めてからは幸せな日々だった。この1年半から2年間は、数々のアップダウンがあったけど、色んな感情もあった中で、こうしてここまで来たことには満足しているの。こうしてやってこれた自分に対して誇りに思う。だから今は幸せな気持ちでいるの。」とクレイステルスは、後悔のないことを明かした。

《「全米オープン クレイステルス vs ロブソン戦」はこちら》

勝利したロブソンは、3回戦で2011年全仏女王で全米オープンの前哨戦であるW&Sオープン女子で優勝していたN・リー(中国)に勝利し、グランドスラム初となる4回戦進出を果たした。4回戦は前年度覇者のS・ストザー(オーストラリア)に敗れるも、その後の広州国際女子オープンではツアー初の決勝進出を果たした。さらに昨シーズン131位で終えていた世界ランキングを、今年は53位と大きくジャンプアップさせてシーズンを終了させた。

今回特集した21歳のゴファンと18歳のロブソンの若手二人は、2013年シーズンで今年のようにトップ選手達を脅かす存在となれるのか。ポテンシャルの高い二人の今後にも注目です。

【続きは明日12月8日(土)】

■過去のコラムはコチラ■
《「フェデラー、王者奪還なるか◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その1」はこちら》

《「フェデラーに神が降りる◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー「グランドスラムで優勝したくらいの感情」◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その3」はこちら》

《「フェデラー、勢い止められずタイトル逃す◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その4」はこちら》

《「貴公子フェレーロ、やっと手にしたビッグタイトル◇第2弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「完璧主義者のフェレーロ、最後は涙のフィナーレ◇第2弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「ロディック、ギルバートと手を組み栄冠◇第1弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「ロディックに「フェデラー」という壁が立ちはだかる◇第1弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3」はこちら》

(2012年12月7日21時50分)

その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!