- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年優勝のスペインとチェコ共和国の組み合わせ決まる◇デビスカップ

11月16日から3日間、チェコ共和国のプラハで行われる男子テニスの国別対抗戦デビスカップ決勝 スペイン対チェコ共和国戦のドロー抽選式が行われた。D・フェレール(スペイン)R・シュティエパネック(チェコ共和国)が大会初日の第1試合、N・アルマグロ(スペイン)T・ベルディフ(チェコ共和国)が第2試合で対戦することが決まった。

大会2日目には、ATPワールド・ツアー・ファイナルでダブルス優勝を果たしたM・グラノジェルス(スペイン)/M・ロペス(スペイン)組とL・ロソル(チェコ共和国)/I・ミナール(チェコ共和国)組が対戦する。チェコ共和国のロソルは、今年のウィンブルドン2回戦でR・ナダル(スペイン)にフルセットで勝利する大金星をあげていた。

大会最終日となる3日目には、第1試合で両国エース対決となるフェレールとベルディフ、第2試合にはアルマグロとシュティエパネックが対戦する。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利することとなる。

スペインは1回戦でカザフスタンに5−0、準々決勝のオーストリアには4−1、準決勝は今大会過去32回優勝しているアメリカに3−1で勝利し、決勝まで勝ち上がってきた。

対するチェコ共和国は、1回戦でイタリアに4−1、準々決勝はN・ジョコビッチ(セルビア)が欠場した2010年優勝のセルビアに4−1で勝利。準決勝は昨年の今大会で決勝進出し、強敵J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)率いるアルゼンチンに3−2の接戦で振り切り、決勝へ駒を進めた。

スペイン対チェコ共和国戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:D・フェレール vs R・シュティエパネック
・シングルス第2試合:N・アルマグロ vs T・ベルディフ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:M・グラノジェルス/M・ロペス vs L・ロソル/I・ミナール

【大会3日目】
・シングルス第1試合:D・フェレール vs T・ベルディフ
・シングルス第2試合:N・アルマグロ vs R・シュティエパネック

(2012年11月16日16時48分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!