- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

土居美咲と瀬間詠里花に明暗◇HPジャパン女子オープン

女子テニスツアーのHPジャパン・オープン(日本/大阪、賞金総額22万ドル、ハード)は8日に初日を迎え、シングルス1回戦7試合が行われ、第1シードのS・ストザー(オーストラリア)に挑んだ瀬間詠里花(日本)は4-6, 2-6のストレートで敗れ、初戦突破とはいかなかった。

世界ランク9位のストザーの胸を借りた同ランク164位の瀬間。第1セットでは4度のダブルフォルトを犯す不安定なストザーから1度ブレークを奪ったが、2度のブレークを奪われこのセットを先取されてしまう。

第2セットでは徐々に調子を上げたストザーは4度握られたブレークポイント全てを退けると、瀬間から2度のブレークに成功し、76分のストレートで勝利を飾って2回戦へ進んだ。

一方、日本勢で唯一の勝ち上がりを見せたのは土居美咲(日本)J・コーエン(アメリカ)を7-5, 3-6, 6-0のフルセットで下して2回戦へ駒を進めた。

第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを奪いゲームカウント2−0とリードした土居だったが、そこから4ゲームをコーエンに連取されて逆転されてしまう。しかし、第11ゲームで3度目のブレークに成功した土居がシーソーゲームとなった第1セットを接戦の末ものした。

第2セットは2度のブレークに成功し試合を振り出しに戻したコーエンだったが、第3セットでは流れは一転。土居は自身のサービスゲームでわずか2ポイントしかコーエンに許さず、コーエンのサービスゲームも全てブレークしベーグルでこのセットを勝ち取り、2時間40分のマラソンマッチを制した。

土居は2回戦で第4シードのF・スキアボーネ(イタリア)と予選を勝ち上がったO・プチコワの勝者と顔を合わせる。

この日行われた試合結果は以下の通り。

S・ストザー (1) ○-× 瀬間詠里花, 6-4, 6-2
K・チャン(台湾) ○-× C・マーケイル(アメリカ) (3), 6-3, 7-6 (7-5)
H・ワトソン(英国) ○-× P・エルコグ(スロベニア), 6-4, 6-4
P・パルメンティエ(フランス) ○-× M・ヨハンソン(フランス), 6-2, 6-2
J・ハンプトン(アメリカ) ○-× 森田あゆみ(日本), 6-3, 6-2
土居美咲 ○-× J・コーエン, 7-5, 3-6, 6-0
C・デラクア(オーストラリア) ○-× クルム伊達公子(日本), 6-3, 3-6, 6-4

またこの日行われたダブルス1回戦では江口実沙(日本)/ 波形純理(日本)組が第1シードのR・コップス=ジョーンズ(アメリカ)/ A・スピアズ(アメリカ)組と対戦したが、2-6, 3-6のストレートで敗れた。

その他のダブルスには第4シードでクルム伊達/ H・ワトソン組、宮村美紀(日本)/ L・クムクーム(タイ)組、青山修子(日本)/ M・モウルトン=レヴィー組、藤原里華(日本)/ V・ウォンティーチャイ組、土居/ 澤柳璃子(日本)組、主催者推薦で奈良くるみ(日本)/ 瀬間詠里花組が出場している。

この日行われた予選最終ラウンドには青山修子、山外涼月(日本)が登場したが、青山はY・ゾウに2-6, 3-6で、山外は予選第2シードのプチコワに2-6, 4-6で敗れ本戦入りとは行かなかった。

今大会の優勝賞金はシングルス3万7000ドル、ダブルス1万1000ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年10月9日10時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!