- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

新鋭ロブソンがマラソンマッチを制しベスト4◇広州国際女子オープン

女子テニスツアーの広州国際女子オープン(中国/広州、賞金総額22万ドル、ハード)は20日、シングルス準々決勝全4試合が行なわれ、第4シードのU・ラドワンスカ(ポーランド)が第5シードでディフェンディング・チャンピオンのC・シーパース(南アフリカ)を6-1, 7-5のストレートで下すなどベスト4が顔を揃えた。

先週のタシケント大会でもベスト4入りし、今週発表の世界ランクで自己最高位の39位を記録したラドワンスカは、世界ランク43位のシーパースに対し、第1セットは3度のブレークを奪い先取。

第2セットに入ると調子を上げたシーパースは1度ブレークされるも1度ブレークを奪い接戦へと持ち込んだ。しかし好調を続けるラドワンスカは、終盤でシーパースから2度目のブレークを奪うと1時間38分のストレートで勝利。昨年の準々決勝でもシーパースと対戦していたラドワンスカは、その時のリベンジに成功し、対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した。

今大会の勝ち上がりで来週発表の世界ランクで更に自己最高位を更新する事が確実とされるラドワンスカは、今年6月のオランダ大会以来となる自身2度目の決勝進出を懸けて謝淑薇と対戦する。この日謝淑薇はM・ヨハンソン(フランス)を6-3, 6-0で一蹴しての勝ち上がり。

世界ランク53位の謝淑薇はこの日、第1セットでは同ランク88位のヨハンソンからゲームカウント5−3とリードすると、何とその後、7ゲームを連取。第2セットではヨハンソンに1ゲームも与えず69分の快勝でベスト4進出を決めた。

ウィンブルドンで自身初となる3回戦進出を果たしてからは、ロンドンオリンピック、ダラス、全米オープンといずれも初戦敗退だった謝淑薇だが、先週はツアー下部のサーキットでも最上位の10万ドル大会で優勝と調子を取り戻すと、今大会ではここまで3試合で14ゲームしか落としておらず、今季序盤のクアラルンプールでツアー初優勝、パタヤ・シティでもベスト4入りした頃の好調を取り戻している。

全米オープンで旋風を巻き起こした18歳のL・ロブソン(英国)はこの日も好調を続けると、第7シードのS・ポン(中国)を7-5, 5-7, 6-2のフルセットで下し、今季2度目の準決勝進出を決めた。

出だしから好調なプレーを始めたロブソンは、ゲームカウント5−1とリードを奪ったが、そこからポンに反撃され接戦に。しかし終盤で再び集中を高めたロブソンが第1セットを接戦の末に奪った。

しかし元世界ランク14位の実力を発揮し始めたポンが、再び接戦となった第2セットを取り返し、勝敗の行方は第3セットへ持ち込まれた。

その第3セットではゲームカウント1−1からロブソンが4ゲームを連取して試合の主導権を握ると、3時間3分のマラソンマッチに終止符が打たれた。

ロブソンは全米オープンの3回戦では中国のエースであるN・リー(中国)を下し、今大会の2回戦では中国人ナンバー2の鄭潔(中国)を、そしてこの日はナンバー3のポンを下すなど、中国人女子トップ3を下す結果となった。

自身初の決勝戦進出を懸けてロブソンは第8シードのA・コルネ(フランス)を6-4, 6-3で倒した第3シードのS・シルステア(ルーマニア)と対戦する。

またこの日行われたダブルスの準々決勝に青山修子(日本)/ K・チャン(台湾)組が登場したが、T・ルザンスカ/ S・ゼン組の前に6-1, 4-6, 12-14の接戦の末、逆転で敗退しベスト4進出とは行かなかった。

この日行われた試合結果は以下の通り。

S・シルステア (3) ○-× A・コルネ (8), 6-4, 6-3
U・ラドワンスカ (4) ○-× C・シーパース (5), 6-1, 7-5
L・ロブソン ○-× S・ポン (7), 7-5, 5-7, 6-2
謝淑薇 ○-× M・ヨハンソン, 6-3, 6-0

今大会の優勝賞金はシングルス3万7000ドル、ダブルスは1万1000ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年9月21日11時30分)

その他のニュース

7月23日

ズベレフ 初戦は前週Vジャリー (18時52分)

ディミトロフ 亡き恩師へ感謝 (15時21分)

ヴェセリ、ガルビス撃破 (14時43分)

19歳ポピリンが初戦突破 (12時45分)

ガリン 4大会連続の初戦敗退 (12時02分)

「期待されていない」とソック (11時26分)

錦織 最終戦ランクは6位 (10時33分)

7月22日

四大大会複3勝マクナマラ死去 (19時32分)

錦織7位 22日付日本勢ランク (17時08分)

ジャリーが初V「うれしい」 (16時02分)

大坂2位 22日付のランク (14時25分)

20歳新鋭、圧勝で初V (13時01分)

錦織7位 22日付世界ランク (10時57分)

悲願の初V「記憶に残る」 (9時03分)

イズナー 2年ぶり4度目V達成 (7時49分)

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!