- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

田中真梨が19ヶ月ぶりのタイトル◇ITFサーキット

慌ただしく行われた先週の女子ツアー下部大会であるサーキット大会は、田中真梨(日本)の長い間待ちわびたシングルス優勝で幕を閉じた。25歳の田中はトルコのイスタンブールで行われた1万ドル大会の決勝戦で、田中優季(日本)との日本人対決を6-0, 6-2のストレートで制し、前回の優勝から実に19ヶ月ぶりとなるタイトル獲得を果たした。

現在世界ランク517位の田中は、昨年1月インドのコルカタで行われた1万ドル大会で自身2度目のサーキット優勝を飾っていたが、その後はタイトルから遠ざかっていた。2005年5月にメキシコのレオンで行われた1万ドル大会で初優勝を飾っていたが、2度目の優勝までにも約2年8ヶ月を要していた。

2008年5月に自己最高位の342位を記録している田中は、先週トルコのイスタンブール大会で決勝戦を争った田中優季とのペアでダブルスにも出場しベスト4入りするなど、今季2度のダブルス優勝を含め、12大会で優勝を飾るダブルス巧者ぶりも発揮していた。

その他の大会でも、かつてトップ200にいた選手達が優勝を飾った。ボスニア=ヘルツェゴビナのブルコで行われたサーキットで、クロアチアのJ・パンジッチが決勝戦で6-3, 4-1とリードしたところで相手の棄権と言う幸運もありながらの優勝。同じくドイツのL・シーゲムンドも、地元ドイツはラティンゲンで行われたサーキットでアメリカのC・ホリスキーを6-2, 6-1の快勝で下して優勝した。

18歳でウクライナ出身のK・コズロバはロシアは、カザンで行われた5万ドルのサーキット大会を制した。イギリスのT・ムーアを6-3, 6-3で下したコズロバは今週発表の最新の世界ランクでは自己最高位を更新する225位へと上昇させた。コズロバはその大会ではダブルスでも優勝を果たしていた。

男子のツアー下部大会であるフューチャーズ大会でも、元トップ200の選手6人が優勝するなど、注目する活躍が多数目立った。その内、セルビア出身のB・パシャンスキ(セルビア)とタイ出身のD・ウドムチョク(タイ)の二人は、かつてはトップ100入りを果たしていた。二人の自己最高位はパシャンスキが55位、ウドムチョクが77位。

2009年のグアヤキル大会の覇者であるエクアドル出身のE・ゴメスは、ドミニカ共和国のJ・エルナンデスをフルセットで下しての優勝。ゴメスは先週行われたフューチャーズ大会で、シングルスとダブルスのダブル優勝を果たした3選手の一人で、残りの2選手はドイツのB・ニッテルとスペインのC・ゴメス=エレーラだった。

28歳のイタリア人であるA・ブリッジは、トルコはイズミールで行われた大会の決勝戦ではストレート勝利を飾り、自身初となる2週連続優勝を飾った。

その他、初優勝を飾った選手も3人いた。スペインのJ・リサリツリー、ドイツのP・オフナー、スペインのC・ゴメス=エレーラの3選手。加えて、32歳でドミニカ共和国のV・エストレーリャは20回目の優勝を成し遂げた。

(2012年8月23日11時26分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!