- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

怪我から復活したツォンガ好スタート◇ウィンストン・セーラム・オープン

男子テニスツアーのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、賞金総額55万3125ドル、ハード)は21日、シングルス2回戦残り14試合を行い、第3シードでディフェンディング・チャンピオンのJ・アイズナー(アメリカ)M・クリザン(スロバキア)を4-6, 6-3, 7-5の逆転で下すなど、上位シードが順当に3回戦へ駒を進めた。

今大会シード選手16名全員1回戦を免除されているため、この日の2回戦が初戦だったアイズナーは、第1セットではクリザンから1度もブレークポイントを握れず、この試合唯一のブレークを許しそのセットを先取されてしまう。

強烈なサーブが武器のアイズナーは、第2セットでは自身のサーブでは70パーセントの確立でポイントを獲得するなど、本来のプレーを取り戻しクリザンを圧倒。試合を振り出しに戻すと勝敗の行方は第3セットへ。

このセットもクリザンにブレークポイントさえ握らせないサービスゲームを展開したアイズナーだったが、クリザンも負けじとサービスキープを続ける。しかしゲームカウント5−5からの第11ゲームでクリザンは痛恨のブレークを許し、続くサーブをしっかりキープしたアイズナーが2時間2分の逆転で勝利を手にした。

世界ランク10位のアイズナーは、今季この大会まで16大会に出場し、初戦敗退はわずかに3大会だった。前回の初戦敗退はウィンブルドンで喫していたが、その直後のニューポートで優勝、アトランタでベスト4、ロンドン五輪でベスト8、先々週のカナダはトロントでベスト4と好調を続けていた。

大会2連覇へ向けて3回戦でアイズナーは、予選を勝ち上がったM・マクルーン(アメリカ)を6-2, 2-6, 7-6 (12-10)と、辛くも振り切った第13シードのJ・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

第1シードを獲得しているJW・ツォンガ(フランス)は、先々週にトロントで右膝を縫う怪我をしていたが、T・ベルッチ(ブラジル)を6-3, 7-6 (7-3)のストレートで下し順調な回復ぶりを見せた。また、第2シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)A・ボゴモロフJR(ロシア)を6-3, 7-5のストレートで下し、いずれも3回戦進出を決めた。

世界ランク6位のツォンガは、第1セットでは同40位のベルッチに1度もブレークチャンスを与えず、1度ブレークを奪いそのセットを先取。第2セットはベルッチも7回握られたブレークポイント全てを切り抜けるとタイブレークへ。そのタイブレークでは実力に勝るツォンガが終始リードし、1時間49分で勝利を収めた。

今季10回目のベスト8進出を懸けてツォンガは、第15シードのP・アンジャーを6-2, 6-3で退けたS・スタコフスキ(ウクライナ)と3回戦で顔をあわせる。

世界ランク7位のベルディフは同73位のボゴモロフJRに、試合を通して1度もブレークを許さず、各セットで1度ずつのブレークに成功。1時間34分のストレートでボゴモロフJRを退けた。

これで今季の成績を38勝15敗としたベルディフは、今季9回目のベスト8入りを懸けて第16シードのJ・ニエミネン(フィンランド)と3回戦を行なう。ニエミネンはこの日、予選を勝ち上がったB・ベッカー(ドイツ)を6-3, 6-3で倒しての勝ち上がり。

この日行なわれた試合結果は以下の通り。

JW・ツォンガ (1) ○-× T・ベルッチ, 6-3, 7-6 (7-3)
T・ベルディフ (2) ○-× A・ボゴモロフJR, 6-3, 7-5
J・アイズナー (3) ○-× M・クリザン, 4-6, 6-3, 7-5
A・ドルゴポロフ(ウクライナ) (4) ○-× ルー・イェンスン(台湾), 6-1, 6-3
M・グラノジェルス(スペイン) (6) ○-× R・ハリソン(アメリカ), 6-4, 6-2
S・クエリー(アメリカ) (7) ○-× S・ヒラルド(コロンビア), 6-3, 6-2
L・クボット(ポーランド) ○-× J・ベネトー(フランス) (8), 2-6, 7-5, 6-3
F・ロペス(スペイン) (9) ○-× D・ヤング(アメリカ), 6-2, 6-3
S・ダルシス(ベルギー) ○-× D・イストミン(ウズベキスタン) (11), 6-2, 6-2
E・ガルビス(ラトビア) ○-× K・アンダーソン(南アフリカ) (12), 6-4, 7-6 (7-2)
J・メルツァー (13) ○-× M・マクルーン, 6-2, 2-6, 7-6 (12-10)
D・ナルバンディアン(アルゼンチン) (14) ○-× R・ハース(オランダ), 6-2, 6-4
S・スタコフスキ ○-× P・アンジャー (15), 6-2, 6-3
J・ニエミネン (16) ○-× B・ベッカー, 6-3, 6-3

今大会の優勝賞金は7万3930ドル。

(2012年8月22日12時26分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!