- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー「雰囲気は最高だった」、フェデラーと激突◇ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピックのテニス競技(イギリス/ロンドン、芝)は大会7日目の3日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・マレー(英国)が第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に7-5, 7-5のストレートで勝利、地元英国で銀メダル以上の獲得を決めた。

「会場の雰囲気は最高だった。」とマレー。「今まで経験したどの試合とも違った。僕らがよく雰囲気が最高と言っているUSオープンでも大きな試合をしていますが、今日はそれすら及ばないほどだった。」

第1セット、世界ランク4位のマレーはファーストサーブが入った時に90パーセント近い確率でポイントを獲得する。元世界ランク1位のジョコビッチに1度もブレークチャンスを与えない試合運びを展開したマレーは、第12ゲームでブレークに成功しセットを先取する。

第2セットは一転、マレーはブレークチャンスを握ることが出来ず、自らのサービスゲームでジョコビッチに4度のブレークチャンスを与えてしまう。しかし、このピンチを全て跳ね返し、互いがサービスキープを続け、マレーがゲームカウント6−5とリード。

そして第12ゲーム、ジョコビッチのサービスゲームでマレーは0−40と3つのマッチポイントを握り、マレーが放ったショットをジョコビッチはボレーをネットにかけ、2時間の試合に幕が降りた。

敗れたジョコビッチは「彼(マレー)は素晴らしいプレーをしていた。彼は必要な時に応じたプレーをし、それがうまくいっていた。負けたことは残念です。第2セットで4度のブレークチャンスがあったが、それを活かす事が出来なかった。彼は勝利に値する。」とコメント。

過去13度対戦していた両者は、ジョコビッチが8勝5敗勝ち越しており、今年の全豪オープン準決勝でも対戦。その時はジョコビッチが6-3, 3-6, 6-7 (4-7), 6-1, 7-5の死闘を制していた。

決勝進出を果たしたマレーは金メダル獲得をかけて、第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に3-6, 7-6 (7-5), 19-17の大逆転勝利した第1シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。

両者は今年のウィンブルドン決勝でも対戦し、フェデラーが逆転で勝利していた。またこの時マレーは、地元勢として74年ぶりとなるウィンブルドン決勝に進出、さらに優勝すれば自身初のメジャータイトル獲得、加えてフレッド・ペリー以来となる76年ぶりの地元勢優勝がかかっていたが、フェデラーの前に涙をのんだ。

決勝戦に向けてマレーは「勝ちたい。」ときっぱり。しかし「過去のリベンジを目指すことは何の助けにもならないと思う。未来のために挑戦し、集中する必要がある。」と、ウィンブルドン決勝のことは関係ないとした。

またマレーは「日曜日の決勝で希望となることは、彼(フェデラー)が金メダルをかけた試合の経験がないということ。彼との対戦は多くは、彼の方が経験で勝っていた。彼はウィンブルドンで8度目の決勝だったようにね。自分は今年のウィンブルドンが初の決勝だった。」と、フェデラーとの経験の差について言及している。

「彼にとって新しい体験というのは、とても珍しいこと。なぜなら、これまでにテニスでは大抵のことを達成してる。そのことが少しだけ差をなくしてくれると願っています。」

「タフな試合になるでしょう。勝つためには素晴らしいプレーをする必要がある。素晴らしい試合になると良いですね。この大会の決勝には素晴らしい試合がふさわしいと思う。僕らでそれを作り出したい。」

敗れたジョコビッチは銅メダル獲得に向けて、デル=ポトロとの3位決定戦に挑む。ジョコビッチは2008年北京オリンピックで銅メダルを獲得していた。

(2012年8月4日9時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!