- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

パブリュチェンコワ、キングなどベスト8が出揃う◇シティ・オープン女子

女子テニスツアーのシティ・オープン女子(アメリカ/ワシントン、賞金総額22万ドル、ハード )は1日、シングルス2回戦残り6試合が行われ、第1シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)M・シンク(ハンガリー)を6-2, 2-6, 6-3で、第4シードのV・キング(アメリカ)I・ファルコーニ(アメリカ)を6-2, 7-6 (7-5)で退けるなど、ベスト8が出揃った。

第1セットでは1度もブレークを許さなかった世界ランク28位のパブリュチェンコワは、2度のブレークを同88位のシンクから奪うとそのセットを先取。第2セットは逆に1度もブレークポイントさえ握らせなかったシンクが2度のブレークをパブリュチェンコワから奪いセットオールへと追い付いた。

勝敗を決める第3セットでは、出だしで1度ずつのブレークを奪い合うも、その後も2度のブレークに成功したパブリュチェンコワが1時間47分で勝利を飾り順当に準々決勝進出を決めた。

同55位のキングも同104位のファルコーニに対し、第1セットは1度ブレークされるも3度のブレークに成功しあっさり第1セットを奪った。第2セットでは3度ずつのブレークを奪い合うブレーク合戦となりタイブレークへ。そのタイブレークも接戦にもつれたが、実力に勝るキングが逃げ切り1時間57分のストレートで今季2度目のベスト8入りを決めた。

パブリュチェンコワはK・チャン(台湾)と、キングは予選を勝ち上がったA・レザイ(フランス)を6-2, 6-2の快勝で退けた第7シードのC・バンデウェイ(アメリカ)と、それぞれ準々決勝で対戦する。

この日、唯一のシードダウンは第8シードのO・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ)の身に降りかかった。そのシードダウンを演じたのは主催者推薦で出場のE・ブシャールで、ゴヴォルツォバを1-6, 6-0, 6-3の逆転で退けた。

第1セットでは、同82位のゴヴォルツォバが3度のブレークを簡単に奪うと、第2セットでは同294位のブシャールがゴヴォルツォバに1ゲームも与えず奪い返した。第3セットでも勢いが衰えないブシャールは、1度ブレークを許したものの、3度のブレークをゴヴォルツォバから奪い1時間39分で自身初のツアー8強入りを果たした。

その他の試合では、予選を勝ち上がり1回戦で土居美咲(日本)を下したJ・セペロバがE・ガロビッツ(ルーマニア)を6-3, 6-4で、M・リバリコワ(スロバキア)E・ダニリドー(ギリシア)を6-3, 7-5と、いずれもストレートで下して準々決勝へ駒を進めた。

ブシャールは第3シードのS・スティーブンス(アメリカ)と、セペロバとリバリコワが準決勝進出を懸けて準々決勝を行う。

また、この日行われたダブルス準々決勝では、青山修子(日本)/ チャン組が第3シードのL・リー=ウオーターズ(アメリカ)/ M・モウルトン=レヴィ組を6-2, 6-2の快勝で退けて準決勝進出を果たした。

決勝進出を懸けて青山/ チャン組はA・チャクエタゼ(ロシア)/ スティーブンス組を6-3, 6-2のストレートで倒した第2シードのKa・プリスコバ/ Kr・プリスコバ組と準決勝で顔を合わせる。


今大会の優勝賞金は、シングルス3万7000ドル、ダブルス1万1000ドル。

(2012年8月2日15時16分)

その他のニュース

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!