- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドディグとツルスノフが決勝進出◇ユニセフ・オープン男子

男子テニスツアーのユニセフ・オープン男子(オランダ/スヘルトヘンボシュ、賞金総額45万ユーロ、芝)は17日、準決勝2試合が行われ、第4シードのI・ドディグ(クロアチア)が第2シードのM・バグダティス(キプロス)に7-6 (7-4), 6-1のストレートで勝利、決勝に進出した。

前日に予定されていた試合が雨で順延となっていたため、この試合に先駆けて行われた準々決勝で、D・グレメルマイヤー(ドイツ)を6-1, 6-0で下していたバグダティスは、第1セット第11ゲームでブレークに成功したものの、直後のサービスゲームでラブゲームでブレークされてしまう。

このブレークで試合の流れを掴んだドディグは、タイブレークを制して第1セットを先取すると、第2セットでは3度のブレークをバグダティスから奪い勝利、1時間28分で決勝進出を決めた。

「決勝に進出できて、とても良い気分です。」とドディグ。「もちろん、コート上でのパフォーマンスにも満足しています。今日はとても高いレベルでプレーしていたと思いますし、勝利にふさわしいと思います。」

自己最高となる世界ランク42位を記録している26歳のドディグは、今回がキャリア通算2度目となるツアー決勝進出となる。今年2月に行われたザグレブ・インドアでドディグは、自身初のツアータイトルを獲得していた。

決勝でドディグは、ノーシードのD・ツルスノフ(ロシア)とタイトルを争う。ツルスノフは準々決勝でS・ヒラルド(コロンビア)に6-3, 4-6, 6-4のフルセットで勝利すると、続いて行われた準決勝では、第3シードのX・マリス(ベルギー)を6-3, 7-6 (7-1)で下し、決勝進出を決めている。

自身9度目となるツアー決勝進出を果たしたツルスノフは「ドディグのことはあまり良く知りません。しかし、今年の彼は調子が良いことは分かっています。ザグレブでタイトルを獲得していますし、全てのサーフェスで良いプレーをしています。ですから、最後のポイントまで諦めずにプレーして、チャンスを掴んでいく必要があるでしょう。」と、決勝に向けて気を引き締めた。

またベスト4で敗退となったマリスは、準々決勝でA・ボゴモロフJR(アメリカ)に6-2, 6-4で勝利していた。

今大会の優勝賞金は6万8850ユーロ。

(2011年6月18日12時42分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!