- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メルツァー/ペッツシュナー組が男子複制覇◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会12日目の3日、男子ダブルス決勝が行われ、ノーシードのJ・メルツァー(オーストリア)/P・ペッツシュナー(ドイツ)組が第16シードのR・リンドステッド/H・テカウ組を6-1, 7-5, 7-5のストレートで破り、初のグランドスラムタイトルを手に入れた。

メルツァーとペッツシュナーがお互いのペアとしてダブルスに出場するのは、今大会でわずか7大会目となる。また両者ともに初めてのグランドスラム決勝での快挙達成となった。

29歳のメルツァーは2005年の全豪オープンでの準決勝が、26歳のペッツシュナーは2008年のウィンブルドンとUSオープンでの準々決勝がこれまでグランドスラムのダブルスでの最高成績であった。

コンビを結成して1年もせずにビッグタイトルを手にしたメルツァーは「僕たちは過去にダブルスでも良いプレーが出来る良いシングルス・プレーヤーさ。どれだけ良いコンビプレーが出来るかが問題だった。1回戦から素晴らしいプレーだったよ。準決勝はタフだったけど、それでも2週間の間は良いプレーが出来た。」と大会を振り返った。

第1セットでは3度のブレークに成功するなどあっさり先制したメルツァー/ペッツシュナー組は、第2セットでも押し気味に試合を進めると第12ゲームでブレークし2セットアップとリード広げる。

勢い乗ったたメルツァー/ペッツシュナー組は、第3セット第1ゲームでいきなりブレークに成功し主導権を握ると、第8ゲームでリンドステッド/テカウ組にブレークバックを許したものの、第11ゲームで再びブレークしてリードを奪うと最後はペッツシュナーがフォアハンドウィナーを決めてゲームセットとなった。

タイトルを手にしたペッツシュナーは「本当に良いスタートだった。第1セットでは信じられないプレーが出来た。第2セットも良かったし、今日は最高のプレーが出来た。勝利に相応しいと思う。」と喜びを語った。

(2010年7月4日3時52分)
その他のニュース

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

11月25日

TFight プレゼント企画 (16時39分)

最終戦「印象的な瞬間」を投稿 (16時02分)

錦織ら23日付の日本勢ランク (14時52分)

【GEEK通信】「プリンス白ツアー5機種で5連勝」 (14時00分)

レーバー杯参戦へ「楽しみ」 (10時57分)

白石、阿部がV 無観客インカレ (9時06分)

大坂3位 23日付世界ランク (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!