- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達、イバノビッチが2回戦で敗退◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会5日目の27日、女子シングルス2回戦が行われ、日本勢として唯一1回戦を勝ち上がったクルム伊達公子(日本)は、主催推薦で出場のJ・グロス(オーストラリア)に0-6, 3-6のストレートで敗れ、3回戦進出はならなかった。

1回戦で第9シードのD・サフィーナ(ロシア)を破っていたクルム伊達は、今大会史上2番目の年長者として勝利をあげていただけではなく、WTAによるとトップ10に勝利した最年長プレイヤーとしての記録も樹立していた。

劇的な逆転勝利で2回戦に進出していたクルム伊達であったが、この日はかねてより痛めていた右足が回復しきっておらず、世界ランク107位のグロスに第1セットをベーグルで奪われると、第2セットでも2度のブレークを奪われてしまい67分で試合を終えた。

この日の試合は、午前中から降り続いた雨のために4時間以上も試合開始が遅れた上に、試合が開始された後でも雨による中断を余儀なくされ、予定されていた試合の半分も消化できていない。

その中でも終了した試合に、2008年の今大会チャンピオンであるA・イバノビッチ(セルビア)が登場したが、第28シードのA・クレイバノワ(ロシア)に3-6, 0-6であえなく敗退、早くも大会を去ることとなっている。

2年前の今大会を制し、世界ランク1位の座までも射止めていたイバノビッチであるが、その後は極度のスランプに陥っており、グランドスラムでは4回戦以上に進出していない。

1週目にしてパリを離れることとなったイバノビッチは「ちょっとしたことの組み合わせだと思います。それほど悪いプレーをしていたとは考えていません。しかし、彼女はほとんどミスを犯しませんでした。」と勝者を称えた。

この日に登場したシード勢では、第4シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)K・カネピ(エストニア)を6-2, 3-6, 6-4で、第5シードのE・デメンティエワ(ロシア)A・メディーナ=ガリゲス(スペイン)を6-2, 7-6 (7-3)で下すなどし、3回戦進出を決めている。

この他の試合の結果は以下通り。

S・ウィリアムズ(アメリカ) (1) vs. J・ジョルジュ(ドイツ), 延期
S・ストザー(オーストラリア) (7) vs. R・デ=ロス=リオス(パラグアイ), 延期
Y・シュウェドワ(カザフスタン) ○-× A・ラドワンスカ(ポーランド) (8), 7-5, 6-3
N・リー(中国) (11) ○-× S・コーエン‐アロー(フランス), 6-2, 6-2
M・シャラポワ(ロシア) (12) vs. K・フリッペンス(ベルギー), 6-3, 中断
O・サンチェス(フランス) vs. M・バルトリ(フランス) (13), 5-4, 中断
Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (16) vs. S・バンマー(オーストリア), 延期
F・スキアボーネ(イタリア) (17) ○-× S・ファーガソン(オーストラリア), 6-2, 6-2
S・ペア(イスラエル) (18) ○-× B・マテック(アメリカ), 3-6, 6-0, 6-1
A・ロディオノワ ○-× V・ズヴォナレーワ(ロシア) (21), 6-4, 6-4
D・ハンチュコバ(スロバキア) (23) vs. O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ), 延期
鄭潔(中国) (25) vs. A・ピヴォヴァロヴァ(ロシア), 延期
A・ボンダレンコ(ウクライナ) (27) ○-× M・リバリコワ(スロバキア), 6-3, 6-3
A・パブリュチェンコワ(ロシア) (29) vs. J・クレイバス(アメリカ), 延期
A・ウズニアッキ(カナダ) ○-× K・ボンダレンコ(ウクライナ) (32), 6-4, 6-1

この日に予定されていた20試合のうち、2試合が中断、6試合が延期となっている。

今大会の優勝賞金は112万ユーロ。

(2010年5月28日6時36分)
その他のニュース

8月19日

西岡59位へ 自己最高目前 (15時21分)

テニス365とウインザーが提携 (15時13分)

キーズV トップ10返り咲き (14時46分)

大坂1位 全米は第1シード (13時29分)

メドヴェデフ「最高の1週間」 (12時01分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時13分)

メドヴェデフ マスターズ初V (7時29分)

8月18日

インカレ男子 単複4強が出揃う (21時04分)

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!