- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル、ジョコビッチ快勝、マレー敗退◇モンテカルロ・マスターズ

男子テニスツアーのマスターズ1000シリーズのモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、賞金総額222万7500ユーロ、クレー)は14日、シングルス2回戦残り12試合を行い、大会6連覇を狙うR・ナダル(スペイン)、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が快勝で3回戦進出するも、第3シードのA・マレー(英国)があっさり敗れる番狂わせが起きた。

第2シードのナダルは予選を勝ち上がったT・デ=バッカー(オランダ)に対し6-1, 6-0と完璧なプレーを披露、得意のクレーで圧勝した。2003年の今大会3回戦でG・コリア(アルゼンチン)に敗れて以来、負けなしの27連勝のまま今年の大会に臨んでいたナダルは、わずか59分で連勝記録を伸ばした。

「もうちょっと厳しい試合を予想していたけど、自分も良いプレーができた。安定してミスが少なかった。この大会は、とても相性の良い大会の1つなんだ。」と、試合後にナダルは自身のプレーに満足感を表していた。

ジョコビッチはF・セラ(フランス)を6-2, 6-3と、こちらも危なげなくストレートで退けた。この試合が今季最初のクレーでの試合となったジョコビッチは、自身のサービスゲームでは9回ブレークポイントをセラに握られ、各セット1度ずつブレークを許すも、セラのサーブを5回ブレークし返し、1時間23分で3回戦進出を決めた。

「まだちょっと問題があるね。サーブや動きはもっと良く出来るはず。」と語るジョコビッチは、最近サブ・コーチとしてサーブなどの師事を仰いでいたT・マーチン(アメリカ)との関係を解消していた。「(二人のコーチだと)迷ってしまったり複雑だった。たくさんの技術的な違う意見を考えなければならなかった。」と、環境の変化についても語っていた。

ナダルは第14シードのJ・モナコ(アルゼンチン)を6-4, 6-4のストレートで下したM・ベレー(ドイツ)と、ジョコビッチはE・ガルビス(ラトビア)を6-1, 6-4と同じくストレートで倒した第13シードのS・ワウリンカ(スイス)と、それぞれ3回戦で対戦する。

一方、第3シードのマレーは、早くも大会を去る結果となってしまった。その波乱を演出した立役者はP・コールシュライバー(ドイツ)で、マレーを6-2, 6-1とわずか63分で一蹴した。マレーは1度もコールシュライバーのサーブをブレークできず、逆に5度のブレークを許し、苦手とするクレーで大きな課題を残した。

マレーは「全くコートに慣れなかった。こんな状態だと良いプレーをするのは難しいね。サーブ&ボレーを試みたり、高い打点でショットを打ったり、色々トライしたけど、駄目だった。」と試行錯誤しながらも、上手く行かなかったことを明らかにした。

先月のマイアミでの『ソニー・エリクソン・オープン』でも初戦となる2回戦敗退を喫していたマレーは「この2大会は良くないね。こんな風に負けが続くのは久しぶりだ。パニックにならないように、しっかり自分を見直さないと。」と、巻き返しへの姿勢を見せていた。

コールシュライバーは3回戦で、同胞のP・ペッツシュナー(ドイツ)と対戦する。ペッツシュナーは第15シードのJ・メルツァー(オーストリア)を7-6 (7-4), 6-2で倒しての勝ち上がり。

その他の試合結果は以下の通り。

D・ナルバンディアン(アルゼンチン) ○-× M・ヨージニ(ロシア) (7), 4-6, 6-3, 7-6 (7-5)
I・リュビチッチ(クロアチア) (8) ○-× M・ロドラ(フランス), 6-3, 7-6 (7-3)
J・C・フェレーロ(スペイン) (9) ○-× B・ベッカー(ドイツ), 6-3, 6-4
D・フェレール(スペイン) (11) ○-× A・ゴルベフ(カザフスタン), 6-3, 6-2
T・ロブレド(スペイン) (12) ○-× V・トロイキ(セルビア), 6-4, 6-3
A・モンタネス(スペイン) ○-× A・セッピ(イタリア), 7-6 (7-1), 3-6, 6-0

今大会の優勝賞金は43万4000ユーロ。

(2010年4月15日11時36分)
その他のニュース

1月18日

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

【告知】大坂vsブズコバ (17時10分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

1月16日

日比野菜緒 熱戦制し初戦突破 (20時36分)

大坂なおみを支えるYONEX (20時04分)

大坂、全豪初戦は世界59位 (18時55分)

西岡 初戦は世界40位ジェレ (17時36分)

シャポバロフ敗退 4強ならず (15時47分)

ナダルらBIG3 会場で練習 (13時42分)

デ ミノー 全豪OP欠場を発表 (12時57分)

ダニエル太郎と添田豪は敗退 (12時31分)

体調不良で棄権「悲しい」 (11時56分)

オジェアリアシム 快勝で8強 (11時03分)

大坂 ローレウス賞候補に (10時11分)

1月15日

大坂、フェデラーらが登場 (19時31分)

守屋 全豪OP予選2回戦へ (18時54分)

奈良 全豪OP予選2回戦へ (18時53分)

38歳ロペス 1日2試合勝ち8強 (18時20分)

ケルバー 負傷で途中棄権 (16時02分)

2選手が禁止薬物で陽性反応 (14時44分)

ルブレフ 今季負けなし5連勝 (12時53分)

メドヴェデフらが会場で練習 (12時43分)

16本エースで今季初勝利 (11時56分)

ヨネックス 全豪5年連続で張り (11時32分)

大気汚染の影響で3時間遅延 (8時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!