- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ハースがブリトン下し2回戦へ◇SAPオープン

男子テニスツアーのSAPオープン(アメリカ/サンホセ、賞金総額53万1000ドル、ハード)は大会2日目の9日、シングルス1回戦7試合が行われ、第4シードのT・ハース(ドイツ)が主催者推薦のD・ブリトン(アメリカ)を6-4, 7-6 (7-3)のストレートで退け、2回戦に進出した。

18歳のブリトンとの試合を振り返った31歳のハースは「彼のサーブは本当に良かった。強いだけでなくてコントロールも良いから、コースを読むのは難しかったよ。それにセカンドサーブでのサーブ&ボレーや、それらの組み合わせには驚かされた。必要なときに良いプレーができた。どういうフィーリングか分からないから、初戦はいつもタフになるね。」と、ベテランらしく語った。

またハースは、ブリトンが昨年のUSオープン1回戦でR・フェデラー(スイス)と対戦していたことは覚えていたものの、ブリトンが9年前にボールボーイとしてハースと出会っていたことは覚えていなかった。

「彼がとても良いプレーをしていたのを覚えている。だけど、ボールボーイを一人ひとり覚えるのは大変だよ。だけど、そんな子とプロの舞台で対戦するなんてスペシャルだね。とても珍しいことだと思う。」とハース。

一方のブリトンは昨年5月に最年少で全米大学選手権を制し、今回が3度目のツアー大会本戦への出場となる。「何人かはプロになる準備ができてはいない。僕にとっては素晴らしい経験でしたし、少しは成長できたと思う。とても楽しかった。」と自らの成長を実感していた様子だった。

この他のシード勢では、第7シードのS・クエリー(アメリカ)T・ガバシュビリ(ロシア)を6-3, 6-2のストレートで、第6シードのP・コールシュライバー(ドイツ)R・ラム(アメリカ)を6-7 (7-9), 6-1, 6-3でそれぞれ下し、順当に2回戦に進出した一方、第8シードのJ・シャーディ(フランス)B・パウ(ドイツ)に3-6, 1-6で敗れ、早くも大会を去ることとなった。

この他の試合の結果は以下の通り。

B・ベッカー(ドイツ) ○-× T・スミチェック, 6-4, 6-2
R・ベランキス ○-× R・ジネプリ(アメリカ), 6-7 (5-7), 6-2, 6-3
M・ラッセル(アメリカ) ○-× 林奎泰(韓国), 7-6 (8-6), 6-1

今大会の優勝賞金は9万925ドル。

(2010年2月10日20時04分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!