- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウズニアッキらが準決勝へ 第1シードペトロワは棄権◇ベル・チャレンジ

女子テニスツアーのベル・チャレンジ(カナダ/ケベック、賞金総額22万ドル、カーペット)は金曜日に準々決勝を行い、第8シードのJ・ジョルジュ(ドイツ)が予選勝者のL・オスターロウ(アメリカ)を6-2, 6-4のストレートで下し、準決勝に駒を進めた。

その後、第4シードのL・サファロバ(チェコ共和国)も、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のB・マテック(アメリカ)を6-3, 6-4のストレートで下し、同様にベスト4入りを決めた。

マテックは昨年の今大会で決勝まで進み、N・ペトロワ(ロシア)に敗れたものの準優勝を果たしていた。

ジョルジュとサファロバは現地時間の土曜日に準決勝で顔を合わせる。ハードヒッターの両者はこれまで対戦がなく、今回が初顔合わせとなる。サファロバは過去、WTAツアーで6度決勝に進み、4度の優勝を飾っている。一方のジョルジュはまだ決勝進出の経験がなく、ベスト4入りは今回で3度目のこと。

ナイトセッションで行われたその他の2試合では、第3シードのA・ウズニアッキ(カナダ)A・クドリャフツェワ(ロシア)を6-1, 6-1のスコアで一蹴した。また第5シードのM・シンク(ハンガリー)は第1シードで昨年優勝のペトロワと対戦、第1セットを7-6(7-4)で奪った後、ペトロワがウィルス性の疾患で棄権したため、勝利を手にした。

準決勝で対戦するウズニアッキとシンクは過去に3度対戦があり、いずれもシンクが勝っている。しかし最初の2度の対戦はITFトーナメントでのものであり(2005、2007年)、また3度目の対戦は今季の芝のコートでのものであった。そのときはシンクが6-7(7-9), 7-5, 7-5でウズニアッキを振り切っていた。

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2009年9月19日11時58分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!