- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元王者ヒューイットが大勝利◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラム大会であるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は大会4日目の25日、男子シングルス2回戦が行なわれ、2002年の今大会覇者であるL・ヒューイット(オーストラリア)が、第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-3, 7-5, 7-5のストレートで破り、3回戦に進出する波乱が起きた。

今大会唯一のオーストラリア勢としてシングルスに出場しているヒューイットは「完璧に出来た。素晴らしいボールが打てたし、試合を通して信じられないサーブだったし、スタートから正しく彼に対処できた。大勝利だね。トップ5の選手に勝ちたかったんだ。」と自画自賛するほどのパフォーマンスだったことを語った。

ヒューイットがグランドスラムでトップ10選手から勝利を挙げたのは、2005年の全豪オープン準決勝で当時世界ランク2位のA・ロディック(アメリカ)戦以来で、これまで12連敗を喫していた。

この日の試合、第1セット第5ゲームで4本のブレークピンチを退けたヒューイットは、続く第6ゲームでデル=ポトロのサービスゲームのブレークに成功し4−2とリードすると、自らのサービスゲームをしっかりとキープし第1セットを先取する。

第2セットに入ると、お互いにサービスキープが続いたものの、第10ゲームでこの日2度目のブレークに成功したヒューイットがこのセットも奪取、セットカウント2−0とリードを広げる。

世界ランク56位のヒューイットの勢いは第3セットに入っても止まらず、第1ゲームでいきなりのブレークに成功する。同5位のデル=ポトロに第8ゲームでブレークバックを許したヒューイットだったが、第11ゲームでこのセット2度目のブレークに成功すると、続く第12ゲームをキープしゲームセット、センターコートに詰めかけたオーストラリアファンの声援に応えた。

20歳のデル=ポトロに対しヒューイットは「デル=ポトロをとても尊敬しているよ。彼は素晴らしい選手だし、これからも向上していくだろう。彼はどのサーフェスのグランドスラムでも勝つ可能性がある。今日はとてもタフな試合になると覚悟していたけど、スタートから調子が良かった。」とコメントを残した。

また11歳の頃からヒューイットを見続けているというデル=ポトロは「ベースラインからのプレーは良かったけどサーブがまずかった。特にブレークポイントでね。2回、3回とブレークされた。それが試合さ。終わったことだよ。」と語った。

過去5年連続で4回戦以上に進出しているヒューイットは、3回戦でP・ペッツシュナー(ドイツ)を迎え撃つ。ペッツシュナーはM・ズベレフ(ドイツ)を4-6, 7-6 (15-13), 3-6, 7-6 (7-5), 6-0とフルセットで下し、3回戦進出を決めている。

第3シードのA・マレー(英国)は、E・ガルビス(ラトビア)を6-2, 7-5, 6-3とストレートで退け、3回戦進出を決めた。「良いプレーだったと思う。サーブが本当に良かった。第1ゲーム以外では彼にブレークチャンスを与えなかった。いろいろな変化が良くできた。初戦よりもとても良い出来だった。サーブにとても集中していたし、彼にチャンスを与えなかった。とても堅実だった。」とマレーは試合の感想を述べた。

第1ゲーム以降、全くチャンスを掴むことなく敗れたガルビスは「もし彼があんな風にプレーしたら、間違いなく優勝候補の1人だよ。もしアンディがあのプレーを大会を通してしたら、とても大きなチャンスがあると思う。」と脱帽するしかなかった。

この他の試合の結果は以下の通り。

A・ロディック (6) ○-× I・クニツィン(ロシア), 6-4, 6-2, 3-6, 6-2
G・シモン(フランス) (8) ○-× T・アルベス(ブラジル), 5-7, 6-3, 6-4, 6-4
F・ゴンサレス(チリ) (10) ○-× L・メイヤー(アルゼンチン), 6-7 (4-7), 6-4, 6-4, 6-4
N・ダビデンコ(ロシア) (12) ○-× V・クリヴォイ(ルーマニア), 6-4, 6-4, 6-2
D・フェレール(スペイン) (16) ○-× F・フォニュイーニ(イタリア), 6-2, 6-2, 6-3
S・ワウリンカ(スイス) (19) ○-× M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン), 6-3, 6-2, 6-2
T・ベルディフ(チェコ共和国) (20) ○-× P・H・マチュー(フランス), 6-2, 6-4, 6-4
R・シュティエパネック(チェコ共和国) (23) ○-× P・スタラーチェ(イタリア), 6-4, 4-6, 6-2, 4-6, 6-3
J・メルツァー(オーストリア) (26) ○-× B・ベッカー(ドイツ), 7-6 (8-6), 6-3, 7-6 (7-1)
V・トロイキ(セルビア) (30) ○-× D・ヒメノ=トラバー(スペイン), 6-7 (5-7), 6-0, 1-6, 6-3, 7-5
V・ハネスク(ルーマニア) (31) ○-× N・デヴィルダー(フランス), 6-2, 6-3, 6-1
J・レヴィン(アメリカ) ○-× P・クエバス(ウルグアイ), 6-2, 6-1, 4-6, 4-6, 6-3
A・セッピ(イタリア) ○-× M・ジケル(フランス), 7-5, 6-4, 6-7 (3-7), 5-7, 6-4
J・C・フェレーロ(スペイン) ○-× F・サントロ(フランス), 6-7 (1-7), 6-3, 6-4, 6-3

今大会の優勝賞金は85万ドル。

(2009年6月26日11時50分)
その他のニュース

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!