- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

新世界1位のナダルに元王者から賞賛の声

2008年8月18日付けの男子テニス世界ランキングで、新たに1位に輝いたR・ナダル(スペイン)。今年は全仏オープンとウィンブルドンを制し、先日は北京オリンピックで金メダルも獲得した22歳に、元王者たちから賞賛の声が贈られた。

1973年から開始されたATPランキングで、24人目の世界1位となったナダルの前に、237週に渡って王座に君臨してきたR・フェデラー(スイス)は、「ラファは世界1位に相応しい、素晴らしいプレーをしている。僕が王者になった数年前から、誰かが僕から王座を奪い取ることをずっと待ち望んでいたんだ。彼(ナダル)は、過密なスケジュールをこなし、大きな大会で勝って、普段の試合にも君臨して、そうやってきたから1位の座を掴むことができたんだろう。だから、彼は王者に値すると思うよ。」と話し、自らの後を継いだ王者を称えた。

以下、歴代王者のコメント。

S・エドバーグ(スウェーデン)
全豪オープン:優勝(1985/87)
ウィンブルドン:優勝(1988/90)
USオープン:優勝(1991/92)
「ナダルは、強烈なカリスマ性とファイティング・スピリットを持った素晴らしい選手で、世界ランク1位に値するよ。特に、全仏オープン4連覇の後、ウィンブルドンの歴史の中でも最も素晴らしい決勝に勝ってからは、それが顕著だね。もちろん、フェデラーは史上最高の選手の1人で、237週間も1位にいたことは本当に凄いことだ。彼のスポーツマンシップにも敬意を表するよ。」

G・クエルテン(ブラジル)
全仏オープン:優勝(1997/2000/01)
「世界で1番になることは、アスリートにとって最高の栄誉だと思うよ。ナダルは過去数年間、1位に相応しい位置にいた。フェデラーがナダルのレベルを引き上げたのは明らかだね。ナダルの功績も称えられるものだし、これから長期に及んで1位に居続け、達成すると決めた偉業も成し遂げる力があると信じているよ。」

R・レーバー(オーストラリア)
全豪オープン:優勝(1969)
全仏オープン:優勝(1969)
ウィンブルドン:優勝(1968/69)
USオープン:優勝(1969)
「ナダルは、フェデラーとの激しい5セットマッチを制して、ウィンブルドンをものにした。新王者に相当するよ。フェデラーが圧倒的な力で1位に在位してきたことも、オープン化以降における偉業の1つだ。ナダルは今年いっぱい、この連勝街道を続けられるだろう。USオープンは大きな試練になるだろうね。」

J・マッケンロー(アメリカ)
ウィンブルドン:優勝(1981/83/84)
USオープン:優勝(1979/80/81/84)
「フェデラーも人の子だということが明らかになったけど、彼はおよそ4年間もテニス界に君臨してきたんだ。ナダルは、この数年で大きな進歩を果たして、(クレー以外の)様々な大会で勝てるようになった。彼は王座に相応しいよ。」

C・モーヤ(スペイン)
全仏オープン:優勝(1998)
「ラファがナンバーワンになるときは、全ての面でそれに値すると思うよ。3年もの間、一番近いところにい続けたんだからね。でも、これまではフェデラーが異次元のテニスをしてきた。今は彼が人間らしくなって、ラファのプレーが上達したということさ。僕はそれほどラファの手助けをしたとは言えない。おそらく少しだけかな。24歳のときに15歳くらいの彼と練習したんだ。それはむしろ僕のやる気を出させてくれた。こんな子供に負けちゃいけない、ってね。彼のトレーニングへの熱心さと、勝利への欲望は、僕がより良い選手になるためになった。彼は、僕に質問すれば答えが返ってくると分かっていた。それがどういうことか良く分からないけど、スペインから世界1位になった3人のテニス選手のうち、2人がマヨルカ島出身ということさ。」

P・サンプラス(アメリカ)
全豪オープン:優勝(1994/97)
ウィンブルドン:優勝(1993/94/95/97/98/99, 2000)
USオープン:優勝(1990/93/95/96, 2002)
「ナダルは素晴らしい戦士だし、僕は彼に感銘を受けたよ。彼にとって、今年は最高の年になっているし、間違いなく世界1位だよ。まだ22歳だということを考えてみてよ。ナダルがこれまで成し遂げたことは驚くべきことだし、もっともっと上手くなっていくと思う。」

(2008年8月19日13時51分)
その他のニュース

6月25日

ウィンブルドン予選 女子が開始 (19時25分)

楽天OP 錦織、ジョコら出場へ (18時38分)

YONEXジュニアキャンプが開催 (17時57分)

マレー「何があるかわからない」 (17時20分)

前年女王2回戦へ「ここが好き」 (16時10分)

東レPPO 大坂ら出場へ (14時46分)

ベルダスコ 逆転勝ちで初戦突破 (13時00分)

前年覇者ズムル 快勝で2回戦へ (11時45分)

錦織7位へ 6/24最終戦ランク (10時25分)

日本勢男子 予選1回戦の結果 (7時02分)

6月24日

ウィンブルドンを最後に引退 (21時24分)

ウィンブルドン予選 24日開始 (19時35分)

20歳ケニン 今季2勝目「満足」 (18時57分)

錦織7位 日本勢世界ランク (16時52分)

ロペス 37歳で単複2冠を達成 (14時55分)

錦織7位 24日付世界ランク (12時34分)

石黒賢と伊達公子が特別対談 (11時23分)

大坂2位へ 24日付世界ランク (10時24分)

フェデラー10度目V「重要」 (7時10分)

大坂なおみから世界1位奪取 (6時45分)

マレー 復帰戦のダブルスでV (5時46分)

6月23日

大坂 世界ランク1位陥落が決定 (22時38分)

4連続エースも、決勝進出逃す (18時52分)

逆転で第1シード下し決勝へ (17時01分)

デルポ 膝の手術成功明かす (14時59分)

シモン 逆転で今季初の決勝へ (14時17分)

V王手 フェデラーとの決勝へ (13時03分)

大坂から世界1位奪取に王手 (11時37分)

フェデラー決勝進出でV王手 (6時52分)

マレー/ロペス組が決勝進出 (6時37分)

6月22日

好調ベレッティーニが4強へ (20時11分)

ケルバーが上位対決制し4強へ (16時12分)

完勝メドヴェデフ 2カ月ぶり4強 (14時51分)

「錦織らを倒すことが必要」 (13時20分)

デルポ 右膝の手術へ「つらい」 (11時06分)

添田 グラノジェルス破り4強 (10時39分)

「ひどかった」逆転負けで敗退 (10時01分)

4強フェデラー「楽しめた」 (8時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!