- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニス四大大会9勝のセレスが引退を正式表明 

四大大会9勝を誇る元世界ランク1位のM・セレス(アメリカ)が14日、公式に引退を表明し、19年のキャリアに終止符を打った。

現在34歳のセレスは、シングルスで53回、ダブルスで6回のツアー優勝を果たした名プレーヤーで、1991年3月にはS・グラーフを退けて、当時は最年少記録だった17歳3ヶ月と2日で初めて世界ランク1位に上り詰めた。(現在はM・ヒンギス(スイス)の16歳6ヶ月と1日が最年少となっている。)

合計で178週間も世界1位の座に就いたセレスは、L・ダベンポート(アメリカ)が出産から見事なツアー復帰を果たしたことに刺激され、昨年の12月にグランドスラムを含む数大会に限って復帰を考えたが、「テニスはこれまでも、そしてこれからも自分の人生の大半を占めるもの。ここ数年、何度かツアーに復帰しようという考えがよぎったけれど、今はキャリアに終止符を打とうと決断した。」と、現役引退を決意したことを話した。

セレスは2003年の春、足の怪我のためにツアー離脱を余儀なくされた。その後、2005年にニュージーランドで行われたエキジビション・マッチに出場し、M・ナブラチロワ(アメリカ)と2度対戦したがいずれも敗れていた。

女子テニスツアーWTA会長のラリー・スコット氏は、「モニカ・セレスはWTA史上、最も素晴らしいチャンピオンの1人。世界各国のテニス・ファンへ多くの刺激を与え、お手本になる選手として活躍していた。今回の苦渋の決断は誰も忘れることはしないだろう。彼女以上の功績や、コート外の振る舞いを見せる強く優しい選手は、これからも現れないであろう。」と最大の賛辞を贈った。

そんなセレスに悲劇が襲ったのは1993年4月。ドイツ・ハンブルグ大会の試合中に暴漢に背中を刺され、2年以上もコートを離れることとなった。しかし、1995年にツアー復帰し、初戦のカナディアン・オープンで優勝。その後のUSオープンでも準優勝に輝くなど、その実力の高さを証明した。1996年には全豪オープンで優勝し、9つ目のグランドスラム・タイトルを獲得した。

現在は、テニスのイベントや、テレビの解説を努めているセレスは、「もちろんこれからもテニスは続けるわ。チャリティでのエキジビションやテニスの普及活動としてね。でも、ツアーで世界を回ることはもうないでしょう。これまでと同じ情熱とエネルギーを持って、他の目標へ突き進むわ。現役時代にテニスへ注いだのと同じ熱意を、自分が思いを寄せる2つ、子供達と動物へと注ぐつもり。」と、今後のチャリティ活動への意欲を語った。

「これまで何年にも渡って支えてきてくれた最高のファンに、特に感謝の意をささげたい。みなさんの応援は、良い時期はもちろん、悪い時期をも乗り越える支えになりました。テニスの試合との別れを惜しむのと同じくらい、ファンの皆さんとのお別れも寂しく思います。」とコメントした。

(2008年2月15日13時48分)
その他のニュース

8月16日

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

8月14日

YouTube 成蹊高校テニス部を取材!後編 (21時04分)

ハレプ TOP10に返り咲き (20時10分)

マクラクラン組がCH優勝 (18時41分)

7月ラケット売上ランキング発表 (18時01分)

日比野 2大会連続の途中棄権 (16時21分)

西岡良仁、第1シードで出場 (15時32分)

3時間の激闘制しMS初決勝 (14時40分)

ナダル シンシナティ会場で練習 (12時53分)

快進撃止まらず初の決勝へ (11時47分)

ハレプ 4年ぶり3度目Vに王手 (10時40分)

マレーとワウリンカ 初戦で激突 (9時51分)

フルカチュ決勝へ、ルード撃破 (8時42分)

ダニエル太郎、予選決勝逃す (7時45分)

8月13日

土居 会場前ツーショット (22時22分)

ワウリンカ 会場で練習 (18時38分)

逆転で「WTA1000」初4強 (17時22分)

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!