- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

2007年テニス20大ニュース(2)◇錦織圭プロデビュー

アメリカでテニス修行に励む錦織圭(日本)が、今年17歳でプロデビューを果たし、ATPツアーでベスト8進出を果たすなど、早くもその非凡な才能を見せつけた。

島根県松江市出身の錦織は13歳でアメリカにテニス留学に渡り、現在はM・シャラポワ(ロシア)など世界のトップが集うフロリダ州にあるニック・ボロテリー・テニス・アカデミーで練習を積む日本期待の若手だ。

昨年は全仏オープンジュニアで、E・マサ(アルゼンチン)と組んだダブルスで優勝し、日本人男子としては史上初の四大大会ジュニア制覇を成し遂げた。そして、フューチャーズ大会で初優勝を果たすと、今年はジュニア大会からATPツアーにその活動の場を広げ、フューチャーズ大会とチャレンジャー大会で準優勝をおさめ、将来のトップ選手の卵が集まるルキシロン・カップでシングルス優勝を飾った。

その後、7月のロサンゼルスの大会でATPツアーデビューを飾り、続くインディアナポリスのRCA選手権では予選から勝ち上がって日本人男子最年少でベスト8に進出し、第3シードのD・ツルスノフ(ロシア)に敗れたものの、松岡修造(日本)以来のベスト4進出に後一歩と迫った。直後のワシントンの大会でも2回戦に進出し、9月には北京の大会でも予選を勝ち上がって本選に入った。

そして、10月のAIGジャパン・オープンでプロ転向を発表。プロ第1戦では、フルセットの末に格上のZ・フレイシュマン(アメリカ)に敗れたが、自身が武器だと語るフォアハンドショットで見せ場を作った。また、この大会期間中に、日本人としては、森田あゆみ(日本)以来2人目となるアディダス社とのグローバル契約を結んだ。

年末にかけてはチャレンジャー大会に出場し、来年はより本格的にATPツアーへの挑戦をしていくと思われる。女子に比べて元気がないといわれる男子の日本勢だが、錦織が若手の中心となって盛り上げていってほしいところだ。

(2007年12月28日9時46分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!