- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

2007年テニス20大ニュース(4)◇ヒンギス2度目の引退

元天才少女の復活から2年。2度目の現役生活を送っていたツアー屈指の人気選手、M・ヒンギス(スイス)がコカイン陽性疑惑を告白し、再びコートを去った。

11月1日に記者会見を開いたヒンギスは、今年のウィンブルドン期間中に行われたドーピング検査でコカインの陽性反応が出たことを明かし、同時にツアーからの現役引退を表明した。ヒンギスが検査を受けたのは、L・グランビル(アメリカ)に敗れた3回戦の後で、その後はUSオープンを含む夏のアメリカ・ハードコート大会に参戦。9月の北京の大会を最後に、その後は左臀部の怪我を理由に今季のプレーを終了していた。

グランドスラム大会で5度の優勝を飾っている元世界ランク1位のヒンギスは、「3年の休養を経てツアーに復帰してきて、3大会で優勝でき、ランキングも最高で6位まで上がりました。でも、私はもう27歳で、臀部の故障などもあって、トップクラスでプレーするには年を取り過ぎたと思います。それで、もうツアーで戦わないと決めました。外部委託の会社による検査で、ウィンブルドン選手権の大会中にコカイン陽性反応が出たと告訴されています。これはとてつもなく酷いもので、報道陣に明かすことで真っ向から戦っていく決意をしました。今はとても怒り心頭ですし、私は絶対的に100パーセント無実です。しかし、私はこのような告訴にやる気を無くしていますし、もう一度カムバックする気もありません。この先何年間もドーピング機関と争うことに時間を費やそうとは思っていません。」と、自身の潔白を主張すると共に、ツアーからの引退も明らかにした。

27歳のヒンギスは、シングルス通算43勝、ダブルス通算37勝を獲得。生涯獲得賞金は2013万657ドルにも上る。ヒンギスは、テニス界の伝説と言われるM・ナブラチロワ(アメリカ)と同じ『マルチナ』という名前を授かり、2歳のときからコーチでもある母親の下でテニスを始めた。

1994年に地元スイスでツアー・デビューを果たし、その年の全てのグランドスラム本戦に出場し、早くから才能を見せ付けた。1996年には当時世界ランク1位のS・グラーフに初勝利して注目を集め、同年ツアー初優勝を飾ってトップ10入りを果たした。翌年はシーズン序盤から37連勝を記録し、12タイトルを獲得。念願のランキング1位の座にも就き、『Player Of The Year』を受賞した。同時に16歳3ヶ月26日で全豪オープンを制し、20世紀で最年少グランドスラム・チャンピオンとなった。全豪オープンではその後3連覇を成し遂げた。

97年は春先に痛めた膝のせいで2ヶ月間のツアー離脱を余儀なくされるものの、ウィンブルドンとUSオープンでも優勝を飾って、その後1998年にL・ダベンポート(アメリカ)に明け渡すまで、80週連続世界ランク1位に君臨した。2000年には20大会中18大会でベスト4以上に進出し、9大会で優勝。再び世界ランク1位の座に返り咲き、合計して209週間も女王の座を維持した。その後足首の怪我に悩まされ、2003年に一度ツアーから引退したものの、2006年に現役に電撃復帰。その後は1年でトップ10に復帰し、年末最終戦ツアーチャンピオンシップにも出場。元女王の復活元年としては十分すぎる活躍を果たし、『WTA Comeback Of The Year』にも輝いた。

今季は、相性のよい全豪オープンでベスト8に進出し、東レ・パンパシフィック・オープンで5度目の栄冠に輝いたが、これが最後のツアー優勝となった。

(2007年12月25日15時34分)
その他のニュース

8月16日

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

8月14日

YouTube 成蹊高校テニス部を取材!後編 (21時04分)

ハレプ TOP10に返り咲き (20時10分)

マクラクラン組がCH優勝 (18時41分)

7月ラケット売上ランキング発表 (18時01分)

日比野 2大会連続の途中棄権 (16時21分)

西岡良仁、第1シードで出場 (15時32分)

3時間の激闘制しMS初決勝 (14時40分)

ナダル シンシナティ会場で練習 (12時53分)

快進撃止まらず初の決勝へ (11時47分)

ハレプ 4年ぶり3度目Vに王手 (10時40分)

マレーとワウリンカ 初戦で激突 (9時51分)

フルカチュ決勝へ、ルード撃破 (8時42分)

ダニエル太郎、予選決勝逃す (7時45分)

8月13日

土居 会場前ツーショット (22時22分)

ワウリンカ 会場で練習 (18時38分)

逆転で「WTA1000」初4強 (17時22分)

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!