- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ベルギーとイタリアが2-0でリード◇フェドカップ準決勝

女子テニス国別対抗戦のフェドカップの準決勝、ベルギー対アメリカ(ベルギー、オステンド)、イタリア対スペイン(スペイン、サラゴサ)で、初日の土曜日はシングルス2試合が行われた。

ベルギーチームは、今年の全仏覇者で世界ランキング3位のJ・エナン(ベルギー)=アルデンヌが、先週水曜日に疲労を理由に欠場を決めたため、同2位のK・クレイステルス(ベルギー)K・フリッペンス(ベルギー)という布陣となっている。
一方のアメリカチームは、ウィリアムズ姉妹やL・ダベンポート(アメリカ)といった主要陣を欠き、J・クレイバス(アメリカ)J・ジャクソン(アメリカ)という布陣での戦いを強いられている。最高ランキングはジャクソンの67位。

第1試合はフリッペンスがベテランのクレイバスと対戦、地元観客の応援もあり、5-7, 6-2, 6-4で見事逆転勝利を収めた。
20歳のフリッペンスは、「最高の雰囲気だった。観客のみんながエキサイトしてて、私も一緒にエキサイトしてた。とてもいい経験だった。試合で勝てたのも、応援のお陰が大きい。」と興奮気味に語った。

第2試合はクレイステルスが19歳のジャクソンと対戦し、4-6, 6-2, 6-1の逆転勝ちを収めた。
試合後クレイステルスは、背中に痛みがあったが国の誇りのためにプレーを続けた、と話した。「100%の状態ではなかったけど、ここにいることが重要だと思うし、それで痛みも飛んでいってしまうわ。」と話した。

ベルギーチームはあと1勝で、2001年以来の決勝進出を果たす。2001年の決勝では、ロシアを下して優勝している。

一方敗れたアメリカチームの監督Z・ギャリソン(アメリカ)は、「最初の試合が大きかったと思う。ジル(クレイバス)はもう一歩だった。」と語った。「キム(クレイステルス)は第2、3セットに非常にいいプレーを展開していた。でもジャイミー(ジャクソン)のプレーを誇りに思っているわ。そしてまだ残り3試合あるから、まだまだ勝利の行方は分からない。」

ベルギーはアメリカとの対戦は過去4度あるが、これまで1勝もしていない。昨年も両者は1回戦で激突しているが、クレイステルスとエナン=アルデンヌを欠いたベルギーチームは、ダベンポートとV・ウィリアムズ(アメリカ)を擁するアメリカチームに一蹴されていた。

日曜日にはクレイバスがクレイステルスと対戦、ジャクソンがフリッペンスと対戦する。確率は低いと考えられているが、もしアメリカが2勝すれば、天王山となるダブルスで、アメリカチームからはV・キング(アメリカ)M・ワシントン(アメリカ)組が、ベルギーチームからはC・マエス(ベルギー)/L・バトキウィクスが登場する。

もう一方の準決勝、イタリア対スペインは、F・ペネッタ(イタリア)A・メディーナ=ガリゲス(スペイン)を6-3, 6-0、わずか70分で一蹴し、またF・スキアボーネ(イタリア)L・ドミンゲス=リノ(スペイン)を6-4, 7-5で下し、2勝を挙げた。

勝ったペネッタは、「完璧な試合ができて、とてもうれしいわ。」と語った。ペネッタはこれでメディーナ=ガリゲスに対して今季2勝目を挙げ、通算では2勝1敗となった。
イタリアチームのキャプテンであるC・バラッズーチは、「彼女(ペネッタ)は今朝とてもいい練習をしており、また本番でも素晴らしいプレーを見せてくれた。」と称えた。

スキアボーネは5度目のマッチポイントでようやく試合に終止符を打った。両者の対戦は1998年以来で、そのときはドミンゲス=リノが勝利を手にしていた。
「最後のポイントを取るのは重要なことね。間違えば、10も15もマッチポイントがあることがあるわ。」と、勝利の瞬間を振り返った。

イタリアチームはあと1勝で、フェドカップ初の決勝進出を決める。イタリアはワールドカップサッカーでも優勝しており、再度国際舞台でのイタリアの強さを見せつけることができるかどうかに注目が集まる。

日曜日にはスキアボーネがメディーナ=ガリゲスと、ペネッタがドミンゲス=リノと対戦する。スペインがシングルスで2勝しタイに持ち込めば、ダブルスではイタリアチームからR・オプランディ(イタリア)M・サンタンジェロ(イタリア)組が、スペインチームからはV・ルアノ=パスクアル(スペイン)M・サンチェス=ロレンソ(スペイン)組が登場する。

フェドカップ決勝は、9月16~17日に開催される。

(2006年7月16日10時12分)
その他のニュース

5月25日

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!