大坂 ミス連発で8強ならず

ゲッティ イメージズ
2回戦で敗れた大坂なおみ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのネイチャー・バレー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTAプレミア)は20日、シングルス2回戦が行われ、第1シードの大坂なおみは世界ランク43位のY・プチンセワ(カザフスタン)に2-6, 3-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

序盤からミスを連発する大坂はゲームカウント0-5とプチンセワに大きくリードを許す展開となる。第6ゲームでこの日初のサービスキープ、第7ゲームではブレークバックに成功。しかし、第8ゲームでまたもブレークされ、第1セットを落とす。

第2セットに入っても大坂のミスは止まらず、第2ゲームでダブルフォルトなどが影響してサービスゲームを落とす。その後ゲームカウント3-2とリードしたが、プチンセワに挽回を許し、7月1日からのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)へ暗雲が垂れ込めた。

一方、勝利したプチンセワは準々決勝で、第8シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)と世界ランクE・ロディナ(ロシア)の勝者と対戦する。

「男子テニスATPツアー500 ハレ」
「男子テニスATPツアー500 ロンドン」

【配信予定】
6/17(月)~6/23(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂を襲った「緊張、頭痛」
・大坂敗退「重圧感じた」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年6月20日23時36分)
その他のニュース