国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭らに次ぐ13人目 ディミ8強

グリゴール・ディミトロフ
全仏OP初の8強入りを果たしたディミトロフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)を7-6 (7-5), 6-4, 7-6 (7-3)のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たした。この勝利でディミトロフは全ての四大大会で8強入りしたこととなり、現役選手では元世界ランク4位の錦織圭らに次ぐ13人目の記録を達成した。

>>【動画】全仏OP初8強、33歳ディミトロフが喜び爆発<<

>>ジョコビッチ、シナー、アルカラスら全仏OP組合せ<<

33歳のディミトロフは今季、開幕戦となった1月のブリスベン国際(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で通算9度目のツアー制覇を達成。その後、2月のオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、室内ハード、 ATP250)と3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で準優勝を果たした。

全仏オープンに出場するのは14年連続14度目であり、2020年と昨年の16強入りが最高成績。今大会では1回戦で世界ランク87位のA・コバチェビッチ(アメリカ)、2回戦で同43位のF・マロジャン(ハンガリー)、3回戦で同104位のZ・ベルグス(ベルギー)を下し16強入りした。

そして4回戦の第1セット、ディミトロフは5度のブレークポイントを握られるも全て凌ぎタイブレークにもつれ込む。1度のミニブレークを許すも自身は2度のミニブレークを奪い先行する。

続く第2セット、開始から互いにブレークポイントを掴むとディミトロフは第7ゲームでブレークに成功。その後フルカチュにブレークを返されることなく、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。

そして第3セット、両者1度ずつブレークを奪い合い再びタイブレークに突入。3度のミニブレークに成功したディミトロフが2時間51分で勝利した。

オンコートインタビューでディミトロフは「こんなに良い友人と対戦するのはとてもつらい。彼とはもう何年も知り合いだ。僕たちはたくさん練習し、一緒にプレーした時間も何度もあった。難しい試合になることは分かっていたし、たくさん戦わなければならないことも分かっていたよ」とコメントした。

「僕はいつも2週目に進みたいと思っていた。全仏オープンは、あと一歩のところまで行けないと感じた唯一のグランドスラムだった。でも今日、(グランドスラム初出場から)15年後にそれができたのでとてもうれしいね」

なお、ディミトロフはこの勝利で全ての四大大会で8強入り。現役選手ではR・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(イギリス)S・ワウリンカ(スイス)M・チリッチ(クロアチア)、錦織、M・ベレッティーニ(イタリア)J・シナー(イタリア)K・ハチャノフD・メドベージェフA・ルブレフC・アルカラス(スペイン)に次ぐ13人目の選手となった。

準々決勝では第2シードのシナーと対戦する。シナーは4回戦で世界ランク79位のC・ムーテ(フランス)を2-6, 6-3, 6-2, 6-1の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのアルカラスと第9シードのS・チチパス(ギリシャ)が8強に駒を進めた。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・BIG4と同じ時代、不運ではない
・ディミ決勝へ トップ10復帰も確定
・倒れこみながら返球 ディミ咄嗟のプレー

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年6月3日9時04分)

その他のニュース

6月21日

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦 (7時05分)

6月20日

加藤未唯ペア 相手棄権で4強 (22時05分)

ウィンブルドン女王が芝で転倒し棄権 (20時56分)

元世界8位 10か月ぶり実戦復帰へ (19時03分)

ジョコ パリ五輪出場権を獲得 (16時03分)

ズベレフ8強「より良いプレーを」 (15時09分)

シナー/フルカチュの豪華ペア 8強へ (13時30分)

接戦制しディミ撃破 コルダ8強 (11時58分)

「僕の夢」4年に一度の舞台立てず (10時52分)

エース9本と“不発”ラオニッチ敗退 (10時00分)

メド撃破 ジャンが熱戦制し8強 (8時19分)

マレー 背中負傷で途中棄権 (7時26分)

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

【動画】世界2位アルカラス撃破!ドレイパー勝利の瞬間! (0時00分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!