国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アルカラス 2連覇で通算13勝目

カルロス・アルカラス
2連覇を達成したアルカラス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は17日、シングルス決勝が行われ、第2シードのC・アルカラス(スペイン)が第4シードのD・メドベージェフを7-6 (7-5),6-1のストレートで破り、大会2連覇を果たすと共にキャリア通算13度目のツアー大会優勝を成し遂げた。

>>【動画】アルカラスが驚異のプレー、コートを縦横無尽に駆け回る<<

>>アルカラスが2連覇達成 BNPパリバOP組合せ<<

昨年王者である世界ランク2位で20歳のアルカラスは今大会、初戦の2回戦で世界ランク40位のM・アルナルディ(イタリア)、3回戦で第31シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、4回戦で世界ランク58位のF・マロジャン(ハンガリー)、準々決勝でA・ズベレフ(ドイツ)を下し4強入り。準決勝ではマッチ19連勝中だった第3シードのJ・シナー(イタリア)を1-6,6-3,6-2の逆転で退け2年連続の決勝進出を決めた。

一方、昨年大会準優勝のメドベージェフは世界ランク64位のR・カルバレス バエナ(スペイン)、第29シードのS・コルダ(アメリカ)、第13シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第7シードのH・ルーネ(デンマーク)に勝利しベスト4に進出。準決勝では第17シードのT・ポール(アメリカ)を1-6,7-6 (7-3),6-2の逆転で破って決勝に進出した。

昨年大会の決勝に続き2年連続でタイトルをかけ激突したアルカラスとメドベージェフ。両者は過去に5度対戦しており、アルカラスの3勝2敗。直近では昨年11月の最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)ラウンドロビンで顔を合わせており、アルカラスが6-4, 6-4のストレート勝ちを収めている。

決勝戦の第1セット、第2ゲームでブレークポイントを握られたアルカラスはバックハンドが大きく外れ先にブレークを許す。開始から3ゲームを連取される苦しい展開となるも第5ゲームでブレークバックに成功。その後は互いにサービスキープを続けタイブレークにもつれ込む。1度ずつミニブレークを奪いアルカラスが6-5とセットポイントを握った場面、ラリーの末にメドベージェフのボールが外れ2度目のミニブレークを奪って先行する。

続く第2セット、第2ゲームで3度のブレークチャンスを握ったアルカラスは強烈なリターンエースを決めブレークに成功。その後、サービスゲームが安定しないメドベージェフに対し第6ゲームで2度目のブレークを奪い、1時間42分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにアルカラスのオンコートインタビューでのコメントを掲載。先月行われたリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)で右足首を捻り第1セット途中で棄権したことを振り返り次のように語った。

「この大会での優勝は僕にとって大きな意味を持つ。なぜなら、大会が始まる前の1週間は足首に多くの疑問を抱いていたからだ。ここでの最初の練習は30分間だけだったことを覚えている。足首の調子が良くなかったので多くの疑念があった。でも、初戦でコートに足を踏み入れると調子が良くなってきたんだ」

「タイトル獲得は次の大会にも繋がる。優勝するのが本当に難しい大会であるATPマスターズ1000で2連覇することはさらなるモチベーションと、マイアミ・オープンへのさらなる自信を与えてくれる。僕にとって、この素晴らしいトロフィーを再び掲げることができるのは素晴らしいことだよ」

昨年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来の優勝となったアルカラスにとって「ATPマスターズ1000」5度目のタイトル獲得となった。

[PR]錦織 圭 8カ月ぶり復帰戦 WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)~4/1(月)「錦織 圭 出場! ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)~4/7(日)「錦織 圭 出場! ATPツアー 250 ヒューストン」


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・アルカラス、シナー撃破で決勝へ
・アルカラスと再戦へ「ベスト尽くす」
・“蜂パニック“乗り越えたアルカラスが4強へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年3月18日9時25分)

その他のニュース

7月24日

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!