国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニスコート19面のKPI PARKがオープン

KPI株式会社
KPI株式会社 代表取締役社長の薮田恵士
画像提供: KPI株式会社
2023年7月9日、横浜市戸塚区にテニスコート19面(ハード9面、砂入り人工芝6面、インドア4面)とフットサルコートを完備した『KPI PARK』がオープン。それを記念して、オープニングセレモニー、テニスメーカーの合同試打会、プロチームマッチ、KPI CUPテニストーナメントなどが行われた。

パートナーのブランドであるadidas Babolat DUNLOP FILA GOSEN HEAD LACOSTE prince Tecnifibre Wilson YONEXの共同イベントを行い、各企業の力のシナジーと融合が実現できたイベントになった。


KPI PARKオープン記念の祝い花


テニスメーカーの合同試打会


テニスメーカーの合同試打会


オープニングセレモニーの様子

オープニングセレモニーには、KPI株式会社 代表取締役社長の薮田恵士、同社 取締役副社長の薮田夕奈、プロデューサーの杉山記一、アカデミー代表の杉田祐一、コーディネーターチームリーダーの牟田口恵美が登壇した。

薮田恵士
「ここを輝かせられるよう、ご一緒させていただくチームの皆様も、よろしくお願いいたします。今日、KPI PARKをオープンさせていただきます」


KPI株式会社 代表取締役社長の薮田恵士


薮田夕奈
「KPI PARKは#THANKSと#DREAM。社長の草刈りから始まったこの施設が実現したのは、KPIパートナーやプレーヤーの皆様、スタッフの皆様のおかげです。そして皆様の夢が叶う場所にしていきたいです。地域の皆様の夢も大切にし、皆様といろんなストーリーをつくっていきたいです」


KPI株式会社 取締役副社長の薮田夕奈


杉山記一
「KPI PARKは多くの方に応援していただく施設になっていくと思います。皆様のお力をお借りして発展させられるよう頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします」


プロデューサーの杉山記一


杉田祐一
「私自身、KPI PARKで実現したい夢が2つあります。1つは最高の施設、最高の環境で日本一のアカデミーをつくって、世界に飛び立つジュニアや日本テニスを担う優秀な人材をここで育成できればと思います。2つ目は広大な土地ですので、トップのアスリートと一緒になって、KPI PARKをほかのスポーツも盛り上げていけたらと思っています。最高のPARKにしていきたいので、盛り上げていきましょう」


アカデミー代表の杉田祐一


牟田口恵美
「昨年からKPI PARKのSDGsプロジェクトをやり続け、ジュニアチームのサポートをしていただきました。これからはKPI PARKが思い描くテニス・社会に問いかけるなど幅広い活動をして、テニス市場を盛り上げていく努力をしていきますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします」


コーディネーターチームリーダーの牟田口恵美


イベントでは、日本初のボールガールロボット「temi」が登場。「KPI PARK Please」と話すとボールを持ち運んでくれる。

またクレープ屋、たこ焼き屋、藤沢で採れたイチゴを使用したスムージー屋、いきなりステーキなどのキッチンカーも会場に置かれた。


ボールガールロボット「temi」


アメア スポーツジャパン株式会社 代表取締役社長 ショーン・ヒリアー様からの乾杯挨拶


キッチンカー


KPI PARKは「頑張っているプレーヤーを全力で応援し続けます」のフィロソフィーのもと、KPI株式会社がプロデュースし運用するスポーツ施設。

また新しい街づくりの考えから「スポーツの枠を超えて地元の人々に親しまれる、楽しめる場所。テニスを中心に、教育やセカンドキャリアの課題の解決に取り組む。世界に羽ばたくアスリート教育を通じて、地域と世界をつなぐ架け橋を目指す」としている。

KPI PARKは、SDGsに対する取り組み(ジュニア育成・スカラシップ等の取り組み・SDGs製品の売り上げ一部の寄付)、さらに様々な企業とのシナジーとプラットフォームになるという取り組みなども行っている。



KPI PARK

【KPI PARK】

<概要>
KPI PARK(ケーピーアイ・パーク)とは「頑張っているプレーヤーを全力で応援し続けます」のフィロソフィーのもと、KPI株式会社がプロデュースし運用するスポーツ施設。

スポーツ用品のECサイト、テニススクール事業を行うKPI株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:薮田恵士)は、もとはサントリー株式会社が開発し、構築した施設を活用し、2023年7月9日に、ハードコート、砂入り人工芝コート、屋内テニススクール、フットサルコートを集結させた『KPI PARK』を全面オープン。

テニスを中心に教育やセカンドキャリアの課題の解決に取り組み、世界に羽ばたくアスリート育成を通じて、スポーツの枠を超えて親しまれる新しい街づくり、地域と世界をつなぐ架け橋になることを理念としている。

<施設概要>
○立地
横浜新道・今井ICより車で1分、東戸塚駅から車で1.1kmの場所に位置する。周辺にサッカー場、2つのゴルフクラブに隣接する一大スポーツエリアとなっている。

○施設一覧
・ハードコート(9面)
クラブハウスに隣接する9面のハードコートはUS(全米)オープンと同じサーフェスである「レイコールド」を採用。USオープンだけでなく、マイアミオープン、ウィンストンセーラムオープン他、ツアー9大会で採用されているサーフェスで、施工から10年経過しても施工時の95-98%の衝撃吸収性能を保つとされている。

・砂入り人工芝コート(6面)
・インドアコート(4面)
・サッカーグラウンド / フットサルコート
・クラブハウス
・トレーニングジム
・駐車場:150台

<アクセス>
・JR横須賀線、東海道線東戸塚駅から車で1.1km
・横浜新道、今井ICから車で1分


■関連ニュース

・杉田「錦織に近づきたい」
・「腐っちゃいない」杉田逆襲へ
・錦織 杉田を評価「30・20位」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年7月11日17時58分)

その他のニュース

2月27日

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!