国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

失格騒動説明「納得できない」

加藤未唯
加藤未唯
画像提供: tennis365.net
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日に混合ダブルス準々決勝が行われ、加藤未唯/ T・ポイツ(ドイツ)組がL・ステファニー(ブラジル)/ R・マトス(ブラジル)組を7-6 (7-5), 6-2のストレートで破り、初のベスト4進出を果たした。加藤は前日の失格騒動から一夜明けての試合を白星で飾り、試合後には記者会見で騒動の状況を説明した。

>>【動画】加藤未唯がボールをぶつけてしまったシーン<<

加藤は前日の女子ダブルス3回戦でS・ソリベス=トルモ(スペイン)/ M・ブズコバ(チェコ)組と対戦したが、第2セット途中で加藤がボールガールにボールをぶつけてしまい失格となった。その後、自身のSNSで謝罪するとともに、賞金とポイント没収のペナルティを受けたと報告していた。

失格騒動から一夜明け行われた混合ダブルス準々決勝。加藤とポイツは第1セットをタイブレークで獲得すると、第2セットでは2度のブレークを果たし、ベスト4進出を決めた。試合終了後に加藤は涙を流した。

試合後行われた記者会見では、開始時から加藤が涙を流し会見が一時中断となるも、再開され加藤が騒動の状況を説明した。

Q.昨日からどのように今日の試合に気持ちをもっていったか。

「正直今日の朝のアップまで気持ちは入らなくて、昨日もあまりご飯が食べられなくて。ですけどパートナーのティム(ポイツ)がすごく助けてくれて、心地よくプレーをさせてくれたので彼にはすごく感謝しています」

Q.昨日の出来事を振り返って。

「故意じゃないにしても彼女に当たったのは事実だったのでそれだけ謝りたかったのと、そのせいで試合が失格になってしまって、パートナーにも申し訳ないですし、パートナーのチームや、私たちを応援しに来てくれたファンの方やテレビで見てくれた方にすごく申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

Q.ポイントと賞金の没収以外のペナルティは何かあるか。

「まだ金額が決まってないんですけど罰金もあるので、いつ言われるのかはわからないですけど罰金はあります」

Q.試合開始時の会場の加藤コールについて。

「ブーイングがなくてよかったなってほっとしました」

Q.試合後の涙について。

「昨日のことが悔しいのと同じことで。勝てたのも、嬉しかったというのはあまりなかったですけど、試合を最後まで出来たっていうのと対戦相手に優しく声をかけてもらえたので。私を見る人は、見かけたら声をかけてくれるのでそれもちょっとうるっときました」

Q.昨日スーパーバイザー(審判員)がコートに来た時に動画を見ておらず、試合後に改めて動画を見てほしいといった時点でも見ていなかったというのは事実か。

「そうです。彼女に当たったという事実で強く当てたと多分認識されたと思うんですけど、本当にそうじゃないっていうことをその場で主張したんですけれど。パートナーも主張をしてくれましたし、ほんとにビデオ見てくれたらわかるけどって言ったんですけど、ビデオをみることはできないって言われて。オフィスに呼ばれて、あまり見ていないけどアンラッキーだねとしか言われなくて」

「選手のアプリで全試合が見れることになっているんですけど、それがアップされていないので私としても確認しようがなくて、それは事実を隠したいのかなとしか思えなくて。ビデオは見て欲しいですね」

Q.今も上がっていない?

「今朝は上がっていなかったです」

Q.抗議はする予定か。

「しました。(動画を)見てほしいのと、最初私に警告って言ったんですけど、その後に相手が血が出ているって言って。いや、血は出てないけど、と思いながら、すごくアピールしてたので審判が降りてきて、判定が覆ったので、そこも納得いかないですし、相手は多分私のことを見ていなかったと思うので」

「見ていないのに…まずどこに当たったとかも見てないですし、首とか背中あたりに当たったと思うんですけど、彼女はずっと胸をおさえていて、スーパーバイザーが来たときに彼女は頭を痛がっているし、怪我をしているみたいな。そのせいで怪我をしたって言われて、頭にも当たってないし、胸もおさえているので、それが危険ボールだと判定されたので納得がいっていない状況です」

会見冒頭では涙ながらに苦しみを打ち明けた加藤だったが、納得がいっていないということは強く主張した。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
日本人選手の試合はWOWOWオンデマンドで全試合ライブ配信予定!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・新型コロナで死去した父に捧ぐ勝利
・16歳「四大大会25回優勝したい」
・全仏OP賞金総額が大幅アップ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月6日4時52分)

その他のニュース

6月18日

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

【告知】ダニエル太郎vsフリッツ (14時10分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

【告知】大坂vsジェン (7時07分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!