国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BJK杯 日本代表が5戦全勝

BJK内島萌夏、本玉真唯、坂詰姫野、穂積絵莉、青山修子、杉山愛
青山修子、坂詰姫野、杉山愛、穂積絵莉、内島萌夏、本玉真唯
画像提供: 日本テニス協会 広報部
11日に開幕した女子テニスの国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ by Gainbridge アジア/オセアニア・グループ1部(ウズベキスタン/タシュケント、室外ハード)は最終日の15日に第5戦が行われ、日本は中国を2勝0敗で破り、5戦全勝で全日程を終えた。次戦は11月に行われるプレーオフに臨む。

>>ルブレフvsルーネ 決勝1ポイント速報<<

>>モンテカルロ組合わせ・結果<<

今大会から日本代表監督を務める杉山愛は、今年3月に内島萌夏本玉真唯坂詰姫野穂積絵莉青山修子の5選手を代表メンバーに選出。

大会のフォーマットは6か国によるラウンドロビン(総当たり戦)で行われ、上位2か国は2023年11月に行われるプレーオフに進出し、下位2か国は2024年アジア/オセアニア・グループ2部に降格する。

今大会はウズベキスタンのタシュケントにあるオリンピック・テニス・スクールで行われ、参加国は日本、中国、インド、韓国、タイ、ウズベキスタン。各対戦はシングルス2試合の後にダブルス1試合が行われ、シングルスで勝敗が決まった場合も最終順位に影響が出るためダブルスまで行われる。

日本は11日に韓国に3勝0敗、12日にタイに2勝1敗、13日にウズベキスタンに3勝0敗、14日にインドに3勝0敗と負けなしの4連勝で11月のプレーオフ進出を決めた。

雨天により試合開始が遅れた大会最終日の15日、シングルス第1試合に登場した坂詰はジアン・シンユー(中国)に4-6, 6-4, 6-1の逆転勝ちをおさめる。

日没により会場をインドアに移して行われたシングルス第2試合、エースの本玉はジャン・ウーシャン(中国)を7-5, 6-2のストレートで破り、日本の勝利が確定した(最終ダブルスは行われず)。


TEAM JAPAN [画像提供:日本テニス協会 広報部]

試合後、監督の杉山が中国戦を総括した。

「今日はプレーオフ進出が決まった後の中国戦でしたが、第1試合の坂詰選手が試合の中でコミュニケーションを取りながらどんどん良くなっていきました。最初は厳しい展開でしたが、試合の中盤からギアを上げて自分のテニスを出し切って、良い形で勝ち切ってくれて。良い流れを持ってきてくれたのがすごく大きかったと思います」


坂詰姫野、杉山愛 [画像提供:日本テニス協会 広報部]

「雨も降って中断があり、かなり待ち時間が長いなか調整も大変でしたが、本玉選手はさすがで今回の私にとってMVPかなと。本当に安定したテニス、さらには今日はレベルの高い完璧と言って良いテニスを見せてくれました。これが1つのキッカケとなってさらに自分のテニスの磨きがかかっているんじゃないかと思うので、本当に嬉しく思いました」


本玉真唯、杉山愛 [画像提供:日本テニス協会 広報部]

11月のプレーオフに向けては、「まだどこと対戦するかは分かりませんが、今回TEAM JAPANのこのチーム力、個々の力の伸びしろもありますし、ここから個人戦のツアーに戻りますが、まだ7ヶ月あるのでスキル的にもプラスアルファできる部分があると思います。ここから自分自身もサポートしていきたいですし、さらに力をつけたみんながチームとして集まった時に、さらに力強いチームになっていると思うので、次へのチャレンジが楽しみになりました」とコメントした。


TEAM JAPAN [画像提供:日本テニス協会 広報部]

アジア/オセアニア・グループ1部の最終結果は以下の通り。

【国別勝敗】
日本 5勝0敗
中国 3勝2敗
韓国 3勝2敗
タイ 2勝3敗
インド 2勝3敗
ウズベキスタン 0勝5敗




■関連ニュース

・日本代表監督に杉山、添田
・日本 BJK杯プレーオフ進出が決定
・BJK杯 日本代表5選手を発表

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年4月16日8時44分)

その他のニュース

7月13日

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

7月11日

柴原組 ウィンブルドン混合4強ならず (22時13分)

ディミトロフ 左脚外転筋肉離れ (20時12分)

全チーム景品付き!男女混合団体戦 (18時53分)

ジョコ4強 フェデラーに並び最多タイ (18時08分)

ウィンブルドン男子4強出揃う (12時59分)

女王バーティ、ウィンブルドンに帰還 (11時23分)

2年間コーチ→チャレンジャー制覇の“夢物語” (10時31分)

清水悠太 今季5度目のチャレンジャー8強 (9時02分)

シナー 五輪前哨戦を欠場 (8時01分)

上地結衣 ウィンブルドン初戦突破 (6時39分)

‘21年全仏女王がウィンブルドンで初4強 (5時30分)

錦織圭 パリ五輪前哨戦を欠場 (3時04分)

激闘制し初4強、次戦ジョコ (2時44分)

【1ポイント速報】フリッツvsムセッティ (0時55分)

7月10日

2022年女王が61分完勝で4強 (23時16分)

負傷で無念の棄権「大きな音が...」 (21時53分)

ジョコ 相手棄権で13度目4強 (20時41分)

【中止】ジョコビッチvsデミノー (20時35分)

小田凱人 完勝で連覇へ好発進 (19時57分)

【1ポイント速報】小田凱人 ウィンブルドン1回戦 (19時05分)

不調時の解決策 ビッグ3参考に (18時59分)

島袋 カナダチャレンジャーで初戦突破 (12時47分)

逆転勝ちで連覇まであと2勝「難しい試合だった」 (10時51分)

シナー「今朝すでに調子悪かった」 (9時27分)

メド 5連敗脱出「とてもいい試合」 (8時05分)

逆転勝ちで四大大会初の4強 (6時39分)

躍進の7位 四大大会2連続の4強 (5時23分)

アルカラス 逆転勝ちで2年連続4強 (3時05分)

世界1位シナー 死闘の末に敗退 (2時01分)

メド 死闘制し世界1位シナー撃破 (1時48分)

【動画】メドベージェフがノットアップを宣告された場面(0:38~) (0時00分)

【動画】世界4位ルバキナ撃破!クレチコバ勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】大躍進!パオリーニ 四大大会で2大会連続の決勝進出を決めた瞬間! (0時00分)

【動画】バーティがウィンブルドンセンターコートに帰還 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!