国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡「巻き返せると信じた」

西岡良仁
4回戦後、インタビューに応じる西岡良仁
画像提供: WOWOW
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で自身初のグランドスラム4回戦進出を果たした第31シードの西岡良仁が、同大会を連日生中継しているWOWOWの独占インタビューに応じ、今大会を振り返るとともに22日に現役引退を発表した国枝慎吾について、また来月臨む国別対抗戦デビスカップ BY RAKUTEN 2023 ワールドグループ1のプレーオフ(日本/兵庫、ハード)「日本vs.ポーランド」戦に向けた意気込みを語った。

>>青山/柴原vsパブリュチェンコワ/ルバキナ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、チチパスら全豪OP男子 組合せ・結果<<

>>全豪OP女子 組合せ・結果<<

3回戦までいずれもストレートで勝ち上がった西岡は、22日に行われた4回戦で第18シードのK・ハチャノフに0-6, 0-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【独占インタビュー】
Q.試合を振り返ってみて、入り方はいかがでしたか?

「自分なりにはいつものツアーの形で入っていましたが、もう少し緊張感があったほうが良かったと思います。ただ、この舞台に立ったのが初めてですし、今回がどれだけ正しいかは今後自分がこういう舞台に上がっていくことで検証できます。今回はうまくいかなかったけど、ツアーの中でリラックスしているほうが良い部分もあるので、そこはうまい駆け引きや、その日の流れがテニスにはあるので、今後学んでいくところです」

「入り方としては悪くなかったです。ただ、ハチャノフの方が僕に対して嫌なところを攻めてきたし、ミスが少なかった。けっこう中コートと外コートだとサーフェスが大きく違って、中コートの方がかなり(球足が)遅くて、外コートの方が速くなる。もう少し球足が速くなると、僕の方が差していけるボールを打てたけど、けっこう遅かったのでどうしても緩いループ状にバックへ打たれたボールに合わせることができなかった。そこが、やられたと思う部分の一つです」

Q.0-6, 0-6で(セットを)落とすことはあまりないと思いますが、どんな心境で戦っていましたか?

「もう少し彼がミスをしてくれると思った。イージーミスが結構ある中でビッグショットを持っている選手だったので、もっとミスをしてくれて駆け引きになるかと思っていた。それに、彼がリターンをミスしなかった。ボールの球足が遅いので、彼にとって時間ができる。それが、彼にとってプラスに働いた部分。ボールが返ってくることが多くてラリーになった中で、彼がうまく逃げるボールを多用してきたのに対して、僕が差しきれなかった。あそこがもう一つの厄介なポイントでしたし、彼が良いサーブを打っていた。ああいう流れになったらどうしようもないと思います」

「僕がビッグショットを持っているわけではないので、サービスが入れば何とかなるわけでもない。ああいう流れは今後も稀で多分ないと思います。第3セットのプレーが本来のテニスだと思うし、逆にあの流れからよくあの流れに持っていったと思います」


[西岡良仁/ 画像:Getty Images]

Q.やる気を失うかもしれない中、第3セットは盛り返しました。どういう切り替えをしたのですか?

「2セットダウンして1ゲームも取っていない状況でしたが、あの状況でも自分の中では巻き返せると信じていました。第3セットは自分が取ってもおかしくないスコアだったのですが、流れが悪く今日は取れない日でした。勝てると信じて何とかやろうとしたことは、今までとは違うメンタリティでした」

「ラケットを投げたり、折ったりしたのは他の人の目にはどう映るかわからないですけど、自分の中では何とか色々なものを切り替えようとした結果の一つの行動でした。もちろん良いことではないですけど、何かしらを模索しようともがいた結果です」

Q.初めてのシードで迎えた大会で、ランキングだけでいうとシードより上の結果となりました。得たものと今後の課題を教えてください。

「良い組み合わせになったり、相手がケガをしてかわいそうな部分もあったけど、毎回こういうことが起きるとは思っていません。ただ、シードに入っていると、こういう可能性は増えると思います。下位シードでもいいから何とかシードに入ることが、今後グランドスラムを勝ち上がるうえで重要なポイントになってきます。ほかのツアーで勝つことももちろんですが、グランドスラムで勝つことがランキングのジャンプアップに必要になってくるということを感じました」

Q.国枝慎吾選手が引退しました。西岡選手にとってどのような存在でしたか?

「まさか引退されるとは思っていなくて、正直びっくりしました。今年もたくさんグランドスラムを勝たれると思っていました。引退の経緯や理由は聞いていないのでわかりませんけど、すべてを成し遂げた方だと思っています。技術云々ではなく、すごい精神力を持っていて頑張れる強さを持っているところが国枝さんの凄さだと思います。そのメンタルは見習いたいところです」

Q.最後に添田豪監督となって新体制で迎えるデビスカップ(デ杯)に向けての意気込みをお願いします。

「デ杯は久々の出場になります。色々なプレッシャーあると思いますが、そのプレッシャーをしっかり感じながらチームに貢献していきたいです。ベストメンバーで挑むので、ホームとしても負けられないです。(対戦相手の)ポーランドはフルカチュ選手が出場するかどうかが、日本チームの中で議論されていますが、彼が出るかどうかは別にして、全体として3勝取りきるところをチームで頑張りたいです。一番手を担う者としてはしっかりと勝ちをもぎ取っていきたいと思います」

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)
WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!

西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・西岡「何が起きたか分からない」
・西岡「シードを実感できた」
・西岡 8強へ「チャンスはある」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月23日8時42分)

その他のニュース

2月1日

清水悠太 CHで2度目の8強 (12時02分)

日比野 ツアー本戦で今季初白星 (11時07分)

望月慎太郎 2大会連続の初戦突破 (10時28分)

ズベレフ「正義は勝ちました」 (9時13分)

フェデラー 彫刻モデル務める (8時32分)

ズベレフ 虐待疑惑浮上も処分なし (7時54分)

1月31日

守屋と羽澤 CH2回戦進出 (20時43分)

JWT50 メンタリングプログラムを開催 (19時48分)

全豪OP 来場者数が過去最多に (18時52分)

柴原瑛菜「力になりました」 (16時47分)

デ杯日本代表メンバー 会場入り (15時57分)

ムグルサ 5大会連続の初戦敗退 (14時47分)

望月慎太郎 2大会連続CH本戦へ (12時51分)

国枝 錦織ら豪華メンバーと写真 (12時15分)

全豪OP ベストマッチ6つ厳選 (11時40分)

フェデラー ROSÉと2ショット (10時15分)

全豪Vジョコ 一夜明け記念撮影 (9時05分)

デ杯日本戦へ トップ2不在 (8時20分)

ナダル 全豪Vジョコを祝福 (7時41分)

1月30日

青山/柴原「嬉しかった」 (22時00分)

全豪躍進の米国勢 自己最高更新 (20時52分)

ゴファン、チャレンジャー優勝 (20時22分)

全豪OPとダンロップが契約更新 (20時02分)

アルカラス、ジョコを祝福 (19時31分)

大坂 10カ月ぶりトップ50圏外へ (17時21分)

西岡33位、綿貫は自己最高へ (16時30分)

ジョコに「ただただ感心」 (15時16分)

「ビッグタイトル数」ジョコ66に (13時46分)

全国選抜 出場56校が発表 (12時51分)

全豪V ジョコが1位奪還 (11時02分)

フェデラー、ジョコを祝福 (9時21分)

チチパス「欲しくてたまらない」 (8時26分)

ジョコ「まだやる気十分ある」 (7時34分)

1月29日

チチパス「彼は最も偉大な選手」 (21時54分)

ジョコ「人生最大の勝利」 (21時34分)

チチパス 悲願のGS初制覇ならず (21時05分)

ジョコ 史上最多タイGS22勝目 (20時42分)

【1ポイント速報】チチパスvsジョコビッチ (18時15分)

フェデラー BLACKPINKとの写真公開 (18時13分)

地元ペアが2年連続全豪OP制覇 (17時25分)

青山/柴原「経験の差が出た」 (16時10分)

勝利で1位に 全豪決勝は今夜 (15時22分)

青山/柴原ペア 全豪OP準V (14時44分)

【1ポイント速報】青山/柴原ペア 全豪OP決勝 (13時05分)

ジョコは「信じられない選手」 (10時50分)

サバレンカ「人生最高の日」 (10時11分)

準Vルバキナ「質は良かった」 (9時19分)

小田凱人 GS決勝は「大きな経験」 (8時23分)

上地「引き続き頑張っていきたい」 (7時28分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!