国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス「素晴らしい勝利」

ステファノスチチパス
ステファノス・チチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会4日目の16日にシングルスの予選ラウンドロビン・レッドループ第2戦が行われ、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)が第4シードのD・メドベージェフを6-3, 6-7(11-13), 7-6(7-1)で破り、今大会1勝1敗とした。熱戦を制したチチパスは試合後、「なんて素晴らしい終わり方だろう」と語った。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。昨年は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのD・メドベージェフを6-4, 6-4のストレートで破り、2018年以来3年ぶり2度目の優勝を飾った。

今大会は4名ずつに分かれて行われる予選ラウンドロビン(総当たり戦)で上位2名ずつが準決勝に進出。勝ち上がった4名によるトーナメント戦でタイトルが争われる。

大会2日目の14日に行われた第1戦ではチチパスは第7シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に4-6, 6-7(4-7)のストレートで、メドベージェフは第6シードのA・ルブレフに7-6(9-7), 3-6, 6-7 (7-9)の逆転負けを喫した。

チチパスとメドベージェフは11度目の対戦で、これまでメドベージェフの7勝3敗。直近では今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)準決勝で対戦し、チチパスが7-6(8-6) , 3-6, 6-3のフルセットで勝利している。

2019年の同大会覇者チチパスと2020年の覇者メドベージェフの一戦は、先に攻撃を仕掛けるチチパスが序盤で主導権を握る。チチパスは第2ゲームでブレークに成功すると、メドベージェフに1度もブレークポイントを与えず32分で第1セットを先取する。

第2セット、ネットプレーで先手を取るチチパスに対してメドベージェフは強烈なサーブとロングラリーで得意な展開に持ち込む。お互いにサービスキープを続けてタイブレークに突入すると、メドベージェフが先にミニブレークを奪うもポイント4-3から2ポイント連続で自身のミスでミニブレークを与える。

好機を得たチチパスだったがポイント5-4でミニブレークを許して再びポイントはイーブンに。チチパスは3度マッチポイントを握るも決めきれず、メドベージェフがタイブレークをものにする。

迎えたファイナルセット、メドベージェフはサービスゲームを3度連続でラブゲームでキープし、第7ゲームでこの日初めて掴んだブレークチャンスを決める。メドベージェフは第8ゲームで与えたブレークポイントを凌ぐも、第10ゲームでブレークを許し、ゲームカウント5-5に並ぶ。

両者譲らず2セット連続でタイブレークに突入すると、序盤でミニブレークに成功したチチパスが圧倒し、今大会1勝目を挙げた。

チチパスの試合後のコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され「とても疲れたよ」と語った。

「それを乗り越えて観客の皆と一緒に楽しむことができたので、本当に良かった。素晴らしい勝利であり、自分の考えを非常に誇りに思う。僕の中では、なんとなく終わりそうにないと思っていた。最後のゲーム、彼がサーブしているときでさえ、何球かボールを返すことができれば何かチャンスが訪れるかもしれないと感じていたし、実際にそうなったんだ」

「勝負に再び持ち込めて最高だったし、生まれ変わったような気分だった。なんて素晴らしい終わり方だろう」

同日に行われたレッドグループのもう一方の試合ではジョコビッチがルブレフを6-4, 6-1のストレートで破り、2連勝を飾るとともに決勝トーナメント進出を決めた。予選ラウンドロビンの組み合わせ、勝敗結果は以下の通り。

【グリーングループ】
R・ナダル(スペイン) 0勝2敗
C・ルード(ノルウェー) 2勝0敗
F・オジェ アリアシム(カナダ) 1勝1敗
T・フリッツ(アメリカ) 1勝1敗

【レッドグループ】
N・ジョコビッチ 2勝0敗
A・ルブレフ 1勝1敗
D・メドベージェフ 0勝2敗
S・チチパス 1勝1敗

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)~11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・チチパス「いつかあの場所に」
・ジョコビッチ2連勝で決勝T進出
・ジョコビッチ、チチパス破り白星発進

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月17日8時32分)

その他のニュース

11月28日

ラオニッチ「最高の瞬間」 (12時53分)

ルードがナダルから初白星 (11時55分)

フェレールとピケ、デ杯を観戦 (11時10分)

シャポ「気持ちが強かった」 (10時33分)

オジェ、デ杯Vに「夢見てた」 (9時22分)

ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福 (8時19分)

カナダ 豪を破りデ杯初優勝 (7時41分)

11月27日

テニス選手会 公式グッズ登場 (18時01分)

綿貫陽介「最高の締めくくり」 (17時58分)

ナダル 空港でリフティング披露 (17時15分)

清水悠太 CH複で2週連続V (15時22分)

綿貫陽介 CHで2週連続優勝 (14時02分)

ナダル、ブラジルでルード破る (12時53分)

綿貫、決勝「死ぬ気で頑張る」 (11時41分)

オジェ「優勝するのが目標」 (10時44分)

カナダがイタリア破り決勝へ (9時56分)

11月26日

YouTube 兵庫ノアチャレンジャー取材! (20時17分)

綿貫陽介 CH2週連続Vに王手 (17時38分)

初V目指すカナダ「飢えている」 (16時47分)

内田海智、四日市CH決勝ならず (15時43分)

「片足だけでもプレーしたい」 (14時02分)

錦織 ワイキキではプレーせず (12時21分)

フェデラー WBへ「また会えた」 (11時41分)

デミノー「祖国のチャンス」 (10時27分)

デ杯29度目Vに豪が王手 (9時25分)

11月25日

全日本Jr室内、開幕迎える (21時09分)

性的暴行疑惑の会長 辞任表明 (20時47分)

初トップ100に「あっという間」 (20時01分)

ナダル ルード下す「皆に感謝」 (18時36分)

内田と綿貫、四日市CHで4強 (17時28分)

ジョコら豪華メンバーが出場へ (16時36分)

「痛みと付き合っていく」と告白 (15時43分)

トップ20から6選手が集結 (14時45分)

2試合に出場したシャポ「最高」 (12時19分)

「幸せ」46年ぶりVまであと2戦 (11時01分)

カナダがドイツ破り4強へ (10時07分)

元4位ブレイク 日本代表を賞賛 (8時16分)

イタリア 熱戦制し米撃破 (7時16分)

ブレイクが賞賛した日本代表のロッカールーム (2時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!