国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

GS初8強ハリス 南アのJrへ思い

ロイド・ハリス
四大大会で初8強入りのハリス
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク46位のL・ハリス(南アフリカ)が第22シードのR・オペルカ(アメリカ)を6-7 (6-8),6-4,6-1,6-3の逆転で破り、四大大会初のベスト8進出を果たした。試合後の会見では「初めて4回戦を突破することができてとてもうれしい」と喜びを語った。

>>ジョコら全米OP対戦表<<

この試合の第1セット、ハリスは第9ゲームでブレークに成功し続く第10ゲームではサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも3本のダブルフォルトを犯すなどサービスが安定せずブレークバックを許す。その後のタイブレークではオペルカの強烈なサービスに苦しみ先行された。

しかし、第2セット以降は自身のサービスも安定。21本ものエースを放つなどファーストサービスが入ったときに95パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど圧巻のプレーを披露し2時間31分で逆転勝ちをおさめた。

24歳のハリスは試合後の会見で「本当にタフな試合だった。レイリー(オペルカ)はいつもビッグサーブを多用してくる、それは確かだよ。第1セットを失った後、僕はうまく対処できたと思う。落ち着いてプレーすることができた。僕自身、試合中サーブがとても良かった。全体的に見てこのパフォーマンスにはとても満足しているし、安心している」と語った。

「今日は第1セットの5-4の場面で大きなチャンスがあったんだ。サービング・フォー・ザ・セットだね。そこで3つのダブルフォルトを犯してしまった。コーチと顔を見合わせて『こんなことは初めてだ』って顔をしたよ」

「僕は笑ってそれを振り払った。その後もビッグポイントで彼(オペルカ)にエースを取られたり悔しい思いをした。でも、僕は非常に高いレベルでプレーしていたから、ある時点で試合がこちらの方向に向くように感じていたんだ。実際その通りになったと思う。自分のレベルを維持し、プレッシャーをかけ続けた。だからこそ、ある意味ではホッとしているのかもしれないね。でも、まだやるべきことはたくさんある。まだ、この大会で安心することはできない」

また、会見でハリスは南アフリカのスポーツ文化にも言及。元世界ランク5位のK・アンダーソン(南アフリカ)の活躍についても話した。

「サッカーとかのスポーツを諦めなければいけなかったんだ。それらのチームスポーツが大好きだった。南アフリカでは、スポーツはとても大切なもの。学校でも楽しかった。僕はいつもテニスのほうが少し得意だったと思う。他のスポーツがよりローカルなものであるのに対し、テニスではより国際的な競争をすることができたんだ」

「ケビン(アンダーソン)はここ数年でグランドスラムの決勝に何回も進出するなど素晴らしい活躍をしている。もちろん、そのことは僕に大きな自信を与えてくれるんだ。南アフリカ人として、同胞がそれを成し遂げたことを目の当たりにしている。彼は南アフリカの多くの子どもたちにインスピレーションを与えてくれている。それは素晴らしいこと。これからはもっと多くの南アフリカ人が活躍できる道があることを、僕も彼らに示していきたいんだ」

「僕にはたくさんの目標があるし、テニスで達成したいこともたくさんある。目先のことや今の結果ではなく、大局的に考えないといけない。まだまだ達成したいこと、成し遂げたいことがたくさんあるんだ」

ハリスは準々決勝で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは4回戦で第13シードのJ・シナー(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)~9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年9月7日15時19分)

その他のニュース

9月28日

大坂 ラグビー主将リーチと共演 (16時08分)

大坂に続きバーティも欠場へ (15時29分)

土居美咲 熱戦制し初戦突破 (13時57分)

【告知】錦織vsマレー (11時53分)

フルカチュ 最終戦出場圏内へ (11時37分)

本玉真唯 WTAツアー初白星 (10時27分)

ペール 1カ月ぶり白星で初戦突破 (8時39分)

9月27日

錦織52位、望月が399位に浮上 (18時21分)

元世界5位が敗退で本戦ならず (18時16分)

大坂なおみ 1つ上げ7位に浮上 (17時26分)

マッケンロー「全力尽くした」 (16時30分)

ノーシードが優勝で今季2勝目 (15時27分)

24歳フルカチュが今季3勝目 (14時08分)

フェデラーとロディックが対談 (11時50分)

セリーナ 40歳の誕生日迎える (11時08分)

錦織 世界ランク52位へ浮上 (10時37分)

レーバー杯 ヨーロッパが大勝 (9時20分)

クォン 韓国勢18年ぶり優勝 (8時36分)

9月26日

フェデラー 膝は「良い状態」 (18時25分)

サッカリ 2年4ヶ月ぶり決勝 (18時13分)

レーバー杯 2日目は4勝0敗に (15時54分)

メド完勝 全米OP後の初戦白星 (15時19分)

マクラクラン組、決勝ならず (14時34分)

モンフィス下し今季3度目の決勝へ (13時47分)

韓国クォン 初のツアー決勝へ (12時05分)

ズベレフ、イズナーとの熱戦制す (10時46分)

ダニエル太郎 世界350位に苦杯 (9時47分)

チチパス 快勝でレーバー杯白星 (8時33分)

錦織 ディミトロフとラリー練習 (7時27分)

9月25日

錦織 初戦はマレーと激突 (18時05分)

シフィオンテク 快勝で4強 (17時55分)

シャポ組 ワールド初勝利掴む (15時39分)

ルブレフ勝利 ヨーロッパが3勝 (12時39分)

同国対決制し今季初4強 (12時01分)

錦織 サンディエゴ会場で練習 (11時27分)

フェデラーがレーバー杯会場に (10時53分)

ベレッティーニが逆転勝利 (10時18分)

激闘制し4強「難しい試合」 (9時34分)

ルード勝利 レーバー杯初戦 (8時59分)

フルカチュ、マレー撃破で4強 (7時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!