国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョココーチ 年間GS「可能」

ゴラン・イバニセビッチ
(左から)イバニセビッチとジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは12日、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)のコーチを務める元同2位のG・イバニセビッチ(クロアチア)のインタビューを掲載。1シーズンですべての四大大会を制する年間グランドスラムへの道や、その可能性についてコーチ目線で語っている。

2001年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制しているイバニセビッチ。ジョコビッチは前週まで行われていた同大会で6度目の優勝を果たすとともに、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)に並ぶ四大大会20回目となるトロフィーを掲げた。

イバニセビッチはインタビューで「彼(ジョコビッチ)は映画のようだ。仮に27回殺しても起き上がってくるし、何回殺しても起き上がってくる。これは素晴らしい。僕はその場にいて目撃できたこと、その一部になれたことを誇りに思っている。彼は歴史を作ってくれると強く信じている」と語った。

今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)をすでに制している34歳のジョコビッチは、9月に開催される全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝することで、男子選手としては1969年にR・レーバー(オーストラリア)氏が達成して以来となる年間グランドスラムの偉業を成し遂げることとなる。

「(ジョコビッチは)すべてが可能だ。30回グランドスラムを制するとは言わない。それはとても、長すぎる道のりだ。でも、5年前や6年前、7年前はフェデラーのことだけを話していた。でも今はナダルと彼のどちらが史上最高の選手になるかを競っている。僕にとってはノヴァークが史上最高の選手。彼は歴史を刻んでいる。全米オープンでそれを成し遂げるだろう。1年で4つの大会を制覇することを本当に信じているよ」

「彼と一緒に仕事をすることは特権であり、名誉であり、すべてだ。でも、簡単ではないし、プレッシャーもある。決勝に進出するだけでは十分ではないからね。僕らは勝利だけを数える。プレッシャーだ。でも、楽しいんだよ。挑戦だから。彼は歴史を書いている。ローランギャロス(全仏オープン)で優勝したとき、彼は自信を持ってプレーした。うまくプレーできない試合もあったけど、それでも勝った。それが彼のチャンピオンたる所以(ゆえん)だ」

「彼はどんどん良くなっているし、信じられないほどの競争力を持っている。毎日何か新しいことをやっている。彼が最高のテニスをしていないときでも勝ててしまう。もし彼が最高のテニスをしているときを想像してしまうと、他の選手が彼に勝つのは不可能なんだと考えてしまうね」

ジョコビッチは今後、24日に開幕する東京オリンピック(日本/東京、ハード)への出場を予定している。

[PR]テニスを観るならWOWOW




■関連ニュース

・フェデラー撃破「夢の時間」
・錦織 10年ぶり60位台へ
・ジョコ 五輪無観客「がっかり」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年7月13日16時01分)

その他のニュース

8月4日

【告知】錦織vsブブリク (22時38分)

錦織と太田雄貴の写真が公開 (21時10分)

インハイ女子 岡山学芸館がV (20時31分)

インハイ男子団体 四日市工V (20時06分)

錦織「観客前は楽しかった」 (18時24分)

金ズべレフ 市長らと対面「名誉」 (16時59分)

全国スクール紹介#20「ITCテニスヒル仁川」 (16時23分)

21歳コルダ 単複初戦突破 (15時53分)

マレー シンシナティWCで参戦 (15時51分)

マクラクラン 全仏準Vペア撃破 (15時05分)

「酷い勝ち方」で初戦突破 (14時31分)

西岡「力が抜けるような感じ」 (11時22分)

前回覇者キリオス 初戦敗退 (11時19分)

快勝で初戦突破 20歳誕生日飾る (8時37分)

大坂なおみ欠場へ「残念」 (7時33分)

8月3日

錦織 日本から移動「疲れた」 (22時57分)

インハイ女子団体 4強出揃う (22時19分)

インハイ男子団体 4強出揃う (21時59分)

金ベンチッチ 帰国で歓迎受ける (20時37分)

テニチューブ最新動画を公開 (20時34分)

ブシャールがテレビデビュー (19時30分)

西岡56位、錦織67位に浮上 (18時26分)

五輪は「終わらないと感じた」 (18時12分)

全国スクール紹介#19「掖谷公園テニススクール」 (17時03分)

2019年準Vメド 第1シード (16時17分)

3週連続Vルード 出場圏内に浮上 (16時00分)

20歳 初戦制し「うれしい」 (15時55分)

キリオス「ただ楽しむため」 (15時08分)

ズベレフ 凱旋「金が上陸」 (13時44分)

大坂 五輪後初戦は第1シード (12時57分)

内山靖崇 シティOP初戦敗退 (12時04分)

西岡良仁 右足負傷で途中棄権 (11時44分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsソック (9時50分)

錦織 五輪後初戦は快勝 (9時40分)

【1ポイント速報】錦織圭vsクエリー (8時03分)

8月2日

ベンチッチ9人目の金メダル (20時18分)

全国スクール紹介#18「金町インドアテニススクール」 (18時31分)

ナカシマ 2週連続準V「自信」 (15時48分)

銀に悔しさ「次の五輪で」 (15時11分)

6勝イズナー BIG3に続く (15時00分)

日本テニスコーチ協会 設立 (14時26分)

ジョコは全米の「優勝候補」 (13時16分)

錦織 世界ランク67位へ浮上 (13時02分)

大坂なおみ 変わらず世界2位 (12時13分)

復帰ナダル「ベスト尽くす」 (10時15分)

8月1日

ズべレフ金「国のために」 (22時12分)

MPしのぎルブレフ組金メダル (21時15分)

【1ポイント速報】東京五輪最終日 (19時21分)

ズべレフ 独男子単初の金獲得 (18時38分)

チェコペア 快勝で金獲得 (16時43分)

2時間半の激闘制し銅メダル (14時46分)

「魔法のラケットがさらに進化」 (14時00分)

ナダル 約2カ月ぶり復帰戦へ (12時15分)

19歳ナカシマ 2週連続決勝へ (10時54分)

3週連続ツアーVの快挙「興奮」 (9時24分)

ジョコ撃破 カレノ=ブスタ銅 (7時25分)

金メダルは「最大の出来事」 (7時10分)

スイス女子初の金メダル獲得 (0時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!