国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「歴史の一部になれた」とジョコ

ノヴァーク・ジョコビッチ
全仏オープンを制したジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は13日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-7 (6-8), 2-6, 6-3, 6-2, 6-4の大逆転で破り、2016年以来5年ぶり2度目の優勝を果たすと同時に、1968年のオープン化以降で男子初となる「ダブルグランドスラム(すべての四大大会で2回以上優勝)」の偉業を達成した。試合後の会見では「愛するスポーツの歴史の一部になれた」と喜びを語った。

>>錦織らノベンティOP対戦表<<

>>錦織vsベランキス 1ポイント速報<<

決勝戦、ジョコビッチは2セットダウンの崖っぷちに追い込まれるも、セットカウント2-2に追いつくと、ファイナルセットでは第3ゲームでチチパスからブレークに成功。チャンピオンシップポイントではスマッシュを決め、4時間11分におよんだ死闘を制した。

今大会の準決勝では14度目の全仏オープン制覇を狙うR・ナダル(スペイン)を撃破。絶対王者を倒し決勝の舞台へ駒を進めていた。

四大大会19勝目、キャリア通算84勝目をあげたジョコビッチは試合後の会見で「もちろんこのダブルグランドスラムの達成はとても誇りに思う。愛するスポーツの歴史の一部になれた。この48時間で起こったこと全てに対してこれ以上に幸せで満足いく結果はない。これまで達成した記録や経験の中でもトップ3に入るよ」と話した。

「ナダルと4時間半の戦いを経て、今日は練習しないで試合のために回復に努めた。そして決勝のチチパスとも4時間の試合となった。トロフィーを獲得するために戦うのだからこのような時間になることもあるけど、負けるわけにはいかない」

「チチパスはスタートからとてもよかった。第1セットは競ったけれど、彼が純粋に大事なところでよりいいプレーをしたんだ。第2セットで僕は心身ともに落ち込んでいた。疲れていた。彼に試合を支配されてしまったんだ。2セットダウンした後にコートを1度出てリフレッシュし、違う選手として戻ってきた。そして第3セットでは早い段階でブレークできた。その後はチチパスの考えが分かるようになってきて、スイングもよくなり始めた。流れも完全に僕の方に傾き、そのまま変わることもなかった」

「正直、頭の中では2つの声が響いていた。1つは『できない、もう終わりだ』というもので、第2セットが終わった後特に強くなった。その時こそ僕はその声をなくすポジティブなものを声に出すようにした。自分に『できる』と言い勇気づけた。それを頭の中で強く何度も言った。第3セットでいいプレーをし始めた時、自分のゲームを見つけることができた。その後は疑うこともなくやり切れたんだ。全てのことが可能。これまで多くの人が僕にはできないだろうと思ってきたことを成し遂げることができている」

最後にジョコビッチは、1シーズンの間に四大大会を全て制覇したうえでオリンピックの金メダルを獲得する「年間ゴールデンスラム」の可能性について言及した。「年間ゴールデンスラム」を達成したのは男女を通じて1988年のS・グラフ(ドイツ)のみとなっている。

「不可能はない。そして今僕はゴールデンスラムの達成に近い位置にいる。2016年もそうだったけど、ウィンブルドンの3回戦で負けた。今年は2週間しか期間が無くて、2つの全く違うサーフェスをプレーするのに最適な長さではない。できるだけスムーズに順応できるように努めるよ」

ジョコビッチは今季2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でタイトルを獲得。今回、全仏オープンを制したことで、残すはウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)、東京オリンピック(日本/東京、ハード)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)の3大会となっている。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン
5/30(日)~6/14(日)
WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)~6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織 大坂の会見拒否に言及
・錦織「テニスって面倒くさい」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年6月14日10時48分)

その他のニュース

8月13日

「これがライブスポーツ」 (16時32分)

カレノ=ブスタ MSで3度目4強 (15時50分)

ハレプ 18歳ガウフ破り4強 (15時01分)

オジェ「重要なのは前進」 (12時40分)

セリーナ 初戦は昨年の全米女王 (11時37分)

ダニエル、マレーと今季4戦目 (10時49分)

ルード 初の4強、オジェ撃破 (10時17分)

ナダルは第2シードで出場 (9時40分)

大坂なおみ 初戦は世界45位 (8時44分)

キリオス破り初4強「満足」 (8時01分)

ナダルがシンシナティ到着 (7時11分)

8月12日

8強キリオス「つらかった」 (21時34分)

負傷モンフィス「良くない」 (18時31分)

22歳オジェ「誇りに思う」 (17時20分)

モントリオール8強出揃う (15時00分)

2013年準Vモンフィス WC獲得 (13時38分)

プロも参加 失われた「テニスを楽しむ機会」を提供するイベント (11時55分)

モンフィス 右足負傷で途中棄権 (11時22分)

ブラジル人女性初の快挙「特別」 (10時28分)

止まらないキリオスが8強入り (8時45分)

快勝オジェ 前週リベンジで8強 (8時15分)

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

8月10日

WB優勝ペア撃破で初戦突破 (23時04分)

モンフィス 3カ月ぶり白星 (20時35分)

フリッツ、マレー撃破「光栄」 (18時15分)

女子国別対抗戦が有明で開催 (17時30分)

西岡「めっちゃアウェイ」 (14時31分)

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ (12時52分)

キリオス 2回戦でメドと対戦 (11時40分)

「セリーナを見て育った」 (10時42分)

セリーナ「さよならが苦手」 (9時58分)

前週準Vの西岡、初戦突破 (9時05分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsペール (7時45分)

大坂「開始直後に痛めた」 (7時42分)

18歳ガウフ 完勝で初戦突破 (7時22分)

ベレッティーニ 完敗で初戦敗退 (6時47分)

大坂なおみ 腰負傷で途中棄権 (6時13分)

【1ポイント速報】大坂vsカネピ (4時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!