国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 右脇腹「話したくない」

ノヴァーク・ジョコビッチ
ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は14日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第14シードのM・ラオニッチ(カナダ)を7-6 (7-4), 4-6, 6-1, 6-4で破り、3年連続12度目のベスト8進出を果たした。会見では、3回戦で負傷した右脇腹について「詳しくは話したくない。数時間前までプレーするかどうか分からなかった」とコメントした。

>>大坂 なおみvsシュウェイ1ポイント速報<<

>>ジョコら全豪OP対戦表<<

ジョコビッチは第27シードのT・フリッツ(アメリカ)との3回戦で右脇腹を負傷するアクシデントに見舞われていた。

この日は不安視される中、強烈なサービスを放つラオニッチを2時間56分で振り切り、R・フェデラー(スイス)に次ぐ歴代2人目の四大大会シングルス勝利数300を達成した。

ジョコビッチは「いろんな機械でたくさんの治療、MRIもした。全てを行い、何なのか分かっているけど、それについては今話したくない。まだ大会の途中。理解してくれたらと願っている。あまり推測をしてほしくない。自分にとって理想的ではない。フリッツとの3回戦の第3セットの始めに負傷した時より、今日の方が確実によく感じていた」と語った。

「昨日はボールを打たなかった。全ての時間を回復に努め、コートに立てる可能性を少しでも自分に与え、それを実際にやってきた。もしグランドスラム以外の大会なら、確実にプレーしていなかっただろう。でも、これはグランドスラム。この短い時間でコートに立つために可能な限りの全てのことをしたい」

「精神的には『試合を通して痛みを感じるだろう』ということを受け入れなければならないと思っていたし、実際そうだった。でも我慢できるレベルの痛みだったから、こうやってプレーすることができた。試合中は痛みがあったりなかったり。次の試合まで40時間くらいある。それはグランドスラムの素晴らしいところ」

「おそらく明日は練習せず、少しでも回復することを願いながら、また治療を繰り返す。これはギャンブルのようなもの。メディカルチームから、そう言われた。本当に予測ができない。全てを出し尽くすだけ。これほどの痛み止めを飲んでいる限り、ある程度の痛みは我慢できると思う」

「痛み止めで注意しなければいけないのは、実際どんなことが起きているかが隠されてしまうこと。大きなダメージになってしまうかもしれない。大会後に何が起きても今は構わない」

準々決勝でジョコビッチは、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは4回戦で第23シードのD・ラヨビッチ(セルビア)をストレートで破っての勝ち上がり。

同日の4回戦では、第18シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、世界ランク114位のA・カラツェフ(ロシア)が8強へ駒を進めている。

[PR]「全豪オープンテニス」
WOWOWで連日生中継&ライブ配信!
WOWOWオンデマンド 今すぐ”無料トライアル”!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年2月15日2時17分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!