国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム 初戦勝利に「満足」

ドミニク・ティーム
初戦を勝利したティーム
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は15日、グループ・ロンドン2020の予選ラウンドロビン第1戦が行われ、第3シードのD・ティーム(オーストリア)が第6シードのS・チチパス(ギリシャ)を7-6 (7-5), 4-6, 6-3のフルセットで破り、1勝目をあげた。

>>ATPファイナルズ組み合わせ表<<

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

大会初日、ティームはチチパスに6本のサービスエースを決められるなど苦戦するもタイブレークの末に第1セットを先取。第2セットを落としセットカウント1−1に追いつかれたが、ファイナルセットでは6本のサービスエースを決めるなどチチパスにブレークを許すことなく勝利した。試合時間は2時間17分。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されている。

「この大会に出場してきた数年間で、いいスタートを切ること、つまり最初の試合に勝つかどうかがいかに重要かを経験してきた。今日はそれができたことをとてもうれしく思っている」

昨年のNitto ATPファイナルズ決勝でチチパスに敗れて準優勝に終わっていたティーム。今回約1年ぶりの対戦でリベンジを果たしたことについては「去年とは違っていた。試合を通して(両者の)ブレークが2回しかなかった。ここのコンディションはとても速いから、勝てたことにとても満足している。この大会でトップ10の選手に勝てることは特別なことだし、ステファノス(チチパス)に勝つのはより特別。彼はすでに多くのタイトルを獲得しているから」と語った。

ティームはグループロンドン2020の第2戦で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは同日行われた第1戦で第7シードのA・ルブレフ(ロシア)をストレートで下している。

一方、敗れたチチパスは第2戦でルブレフと顔を合わせる。

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織以来の若さでのVへ王手
・「いつか最高の選手に」と決意
・錦織の大逆転勝ちが1位に

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年11月16日10時00分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!