- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

19歳が決勝へ セリーナとV争い

アンドレースク
決勝進出を果たした19歳のアンドレースク
画像提供: ゲッティ イメージズ
女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)は10日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク27位のB・アンドレースク(カナダ)が同29位のS・ケニン(アメリカ)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>大坂らW&Sオープン対戦表<<

>>大坂2回戦 1ポイント速報<<

試合後、19歳のアンドレースクはオンコート・インタビューで「この2カ月は本当に多くのことを経験してきた。言えることは、またコートに戻って来れてとても幸せ。今はこうしてロジャーズ・カップ決勝の舞台にいる」と涙ながらに語った。このコメントは、女子プロテニス協会のWTA公式サイトに掲載されている。

準決勝まで4試合連続でフルセットの戦いを強いられていたアンドレースクは、この日第1セットを先取すると、第2セットはゲームカウント5−2とリード。

その後、20歳のケニンに反撃を許して第12ゲームでは3本のマッチポイントを逃した。しかしタイブレークに入ると再び息を吹き返し、5本目のマッチポイントでバックハンドのウィナーを決めたアンドレースクは試合後にコートへ倒れ込んだ。

アンドレースクは今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)でツアー初優勝を飾ったが、5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以降は肩の負傷でツアーから離れていた。

「今日は2セットで終えられて、うれしい。簡単な試合ではなかった。本当に本当に緊張していた。この勝利はインディアンウェルズの優勝より大きいと言えるかもしれない」

決勝では、第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦する。セリーナは準決勝で予選から勝ち上がってきた世界ランク91位のM・ブズコバ(チェコ)をストレートで下しての勝ち上がり。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)〜8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・セリーナ、ジョコ発言を批判
・大坂の元コーチ バイン氏語る
・大坂に続きノーシードから初V

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年8月11日14時21分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!