- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織V 四大大会初制覇に意欲

錦織圭
優勝を果たした錦織圭
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は6日、シングルス決勝が行われ、第2シードの錦織圭が第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を6-4, 3-6, 6-2のフルセットで下して約2年11カ月ぶりのツアー優勝を果たし、14日に開幕する全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ弾みをつけた。

>>錦織らブリスベン国際 対戦表<<

ツアー決勝の舞台で9連敗中だった錦織は第1セットを先取する好スタートを切り、第2セットでは8度のブレークポイントを握っていた。しかし、このチャンスを逃すとファイナルセットへもつれた。

その後、ガッツポーズをつくり自身を鼓舞した錦織は昨年の楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、 室内ハード、ATP500)決勝で苦杯を喫したメドヴェデフを2時間4分で振り切った。

マッチポイントではパッシングショットを決めて両手を突き上げ、2016年2月のメンフィス・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)以来のツアー制覇を喜びをかみしめた。

キャリア通算12勝目をあげた錦織は自身のインスタグラムに「メルボルンでもいい結果を残せるように頑張ります」とコメント動画を投稿し、全豪オープンでの四大大会初制覇へ意欲を見せた。

また、ブリスベン国際のツイッターには「シーズンの始めにこのような1週間を過ごしたことがないから、自信がある」と錦織のコメントが掲載されている。

これまでの全豪オープンでは2012・2015・2016年のベスト8進出が自己最高の成績。最後に出場したのは2017年で、その時は4回戦でR・フェデラー(スイス)との死闘の末に惜敗。昨年はけがにより欠場した。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>




■ 関連ニュース

・「こっち見ろ」とメドヴェデフ怒り
・錦織の2019年 ATPが予想
・錦織ら 全豪OP本戦出場一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年1月7日12時05分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!